日本を訪れる中国人旅行客が爆買いした製品の1つに電気炊飯器が挙げられる。日本メーカーの電気炊飯器でコメを炊けば、美味しいご飯ができると評判になったためだが、今度は日本のコメが人気となりつつあるようだ。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 日本を訪れる中国人旅行客が爆買いした製品の1つに電気炊飯器が挙げられる。日本メーカーの電気炊飯器でコメを炊けば、美味しいご飯ができると評判になったためだが、今度は日本のコメが人気となりつつあるようだ。

 日本にはコシヒカリやひとめぼれ、ゆめぴりかなど、多くのブランド米があり、特にコシヒカリは中国でも広く知られ、高く評価されている。中国のコメは日本のブランド米に比べて非常に安価だが、味はそれなりといったところで、やはり日本のブランド米には到底及ばないのが現実だ。

 中国メディアの捜狐はこのほど、中国建国当時はコメの生産量を増やすことが何よりも大事だった中国において、近年は中国人消費者がコメの味の良さを求め始め、日本のコメを買い求めるようになったと伝えている。

 記事は、中国建国当初、中国政府の主要な任務は「十分な量のコメを生産すること」だったと伝え、品種改良の結果、収穫量の多いコメの開発に成功したことを紹介。だが、収穫量の多いコメは味としてはいまいちであることを指摘、「中国人の生活水準が向上したことで、もはや人びとのニーズはお腹いっぱいにご飯を食べることではなくなったと論じた。

 続けて、中国人旅行客が日本で電気炊飯器を爆買いしたことからも分かるとおり、中国人たちは今、より美味しいものを求め始めたとし、美味しいご飯を炊くには電気炊飯器も重要だが、コメそのものの質も重要であることを指摘、日本のブランド米は中国のコメと違って「美味しい」ため、中国人たちは日本のブランド米を買い求め始めているのだと伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)