絶滅危惧種のカブトガニ 国内有数の生息地で約500匹の死骸見つかる

ざっくり言うと

  • 北九州市の曽根干潟で、絶滅危惧種のカブトガニ約500匹の死骸が見つかった
  • 同干潟で見つかる死骸は多くても年間60匹ほどで、異常事態と指摘されている
  • 他の生物の大量死は確認されておらず、専門家が調査する

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング