25日、中国北京市郊外にある住宅街の一角にごみでできた巨大な山があると住民の間から苦情が出ている。

写真拡大

2016年8月25日、北京日報によると、中国北京市郊外にある住宅街の一角にごみでできた巨大な山があると住民の間から苦情が出ている。

「この臭いは耐えられない」と訴えるのは、大興区西紅門鎮の同華北大街付近に住む男性だ。今年初めに自身が暮らす団地から50メートルほど離れた場所にごみが積まれていることに気が付き、「山はその後どんどん拡大していった」と話す。現在の高さはおよそ2メートル。これが道沿いに100メートル余り続く「壁」となり、最近は猛暑もあって無数のハエが群がる。道路脇の排水溝がごみでふさがれたため、大雨が降ればごみ混じりの臭い水で路面が覆われるという。

この一帯は数年前に立ち退き指定地域となり、ごみ山ができ始めた当初は建物の取り壊しで出た廃材が積まれていただけだった。しかし、管理する人がいなかったため、生活ごみや市場で売れ残った野菜がここに捨てられるように。もともと住んでいた人が去った後に外地の労働者が次々と流入して住民の数が増えるという現象も起きており、ごみ山から数百メートル離れた場所にある小学校や幼稚園では現在も子どもらが勉強している。近くの食堂で働くある従業員は「小学校に通っているのは外地から来た労働者の子どもたち。ごみ山のそばを通って登下校する姿を見ると胸が痛む」と話す。

ごみ山が長期にわたって放置されている問題について、地元政府の関係者は「市民の苦情は耳にしている」と述べた上で、「立ち退きに応じない住民もおり、さまざまな面で管理に混乱が生じている」と説明、ただ「関係部署に伝えて早期に解決したい」とも語った。(翻訳・編集/野谷)