浙江省慈渓市に住む顧国平さんは14歳の年から、靴職人だった父親から靴の作り方を学び、革靴を作り続け、あっという間に42年の月日が経った。写真は革靴づくりに励む浙江省のベテラン靴職人の顧さん(8月24日撮影)。

写真拡大

浙江省慈渓市に住む顧国平さんは14歳の年から、靴職人だった父親から靴の作り方を学び、革靴を作り続け、あっという間に42年の月日が経った。中国新聞網が伝えた。

【その他の写真】

少年だった顧さんも今では正真正銘のベテラン靴職人となった。顧さんが作るオーダーメイドの革靴は、1000元(約1万5000円)から1万元(約15万円)もするものまである。

しかし、現在この技術を習得しているのは、たった数名のベテラン職人のみだという。(提供/人民網日本語版・編集/YK)