▽日本代表は28日、埼玉スタジアム2002のサブグラウンドにて、9月1日(木)に埼玉スタジアム2002で行われるロシア・ワールドカップ(W杯)・アジア最終予選のUAE代表戦に向けたトレーニングを実施した。

▽練習後、DF酒井宏樹がミックスゾーンで取材に応じ、UAE戦に向けた思いや最終予選について語った。

◆DF酒井宏樹(マルセイユ/フランス)

──アジアカップで負けたUAEとの試合になるが。どんなイメージがあるか

「UAEが良いチームなのは分かっています。しっかり準備して入りたいですし、初戦なので良いスタートを切れるか切れないかが凄く大事だと思います。僕もフランスで味わっています。1試合、2試合勝てないだけで相当なプレッシャーがかかるので。良いスタートを切って、しっかり勝ち点6を獲って、自分もリーグに生かしたいですね」

──ホーム&アウェイになったりと予選の難しさは知っていると思うが

「アジアは別だと思います。前回のワールドカップ最終予選も少しだけ居ましたが、特別な雰囲気ですね。難しい試合しかないです。全力でやりたいです」

──今回は長友佑都選手がケガで離脱したので、最終予選を経験している酒井高徳選手と2人の経験値が重要になると思うが

「その自覚はできているので、強い気持ちをもってやっていきたいです」

──ヴァイッド・ハリルホジッチ監督からは何か話があったか

「さっき着いたばかりなので、まだ何も言われないですが、監督からこれから話があると思います。初戦が本当に大事なので、期待に応えられるようにしたいです」