▽日本代表は28日、埼玉スタジアム2002のサブグラウンドにて、9月1日(木)に埼玉スタジアム2002で行われるロシア・ワールドカップ(W杯)・アジア最終予選のUAE代表戦に向けたトレーニングを実施した。

▽練習後、MF香川真司がミックスゾーンで取材に応じ、ドルトムントでのプレーや最終予選への思いを語った。

◆MF香川真司(ドルトムント/ドイツ)

──アジアカップのUAE戦は悔しい思いをしたと思うが改めて

「あの時とはチームも違いますし、監督も選手も違うので状況が違っています。ただ、あの悔しさだったりというのは思い浮かべますが、別物なので、しっかりと最終予選で彼らに勝てるように準備したいと思います」

「メンバーはまだ分かりませんが、前線には良い選手が多いので、そういったのをしっかりチームとしてどう戦っていくのか。監督が中心にやっていくと思いますが、4日間良い準備をしたいと思います」

──日本も前から主導権を握らせないためにプレスを掛けるなど守備が必要だと思うが

「もちろんそうですね。後ろだけでやれませんし、コンパクトに戦うことが重要だと思います」

──ドルトムントでは今季トップ下をやっていますが、代表でもすんなり入れるのでは

「チームはフォーメーションが変わったり、対戦相手によってポジションの質が変わったりします。逆に代表はトップ下で固定されているので、役割が違うので別物だと思っています。代表は代表で切り替えてやっていきたいです」

──日本代表とドルトムントでの差は得点を取るために前に行くとかですか

「細かいところの差がありますが、どちらにも共通しているのは得点とアシストです。その過程が違いますね。代表の方がより求められるポジションかなと思います」

──いよいよ最終予選が始まりますが

「負けられないです。初戦、2試合目は必ず勝たなければいけないと思っています。甘く無いと思います。チームがどう進むかはわかりませんし、どうなろうが最終予選は続くので、勝つことを目標にやっていきたいです。長い最終予選が始まるので、良いスタートを切りたいです」

──連戦が続いているがコンディション面は問題ないか

「コンディションは問題ないです。ただ、日本は暑いですが、今はドイツの方が暑いと思います。試合の日になってみないと分かりませんが、湿度もありますし、その辺が1番厄介ですね。慣れていない分、少し練習の中で慣れていきたいです」

──昨日の試合後は直ぐに空港に行ったのか。4日間準備ができることは大きいと思うが

「そうですね。試合が終わって、戻って5分位で出ましたかね。早く来れたら良いと思いました。日本について4日間ありますし、明日の昼に着くのと夜に着くのは違うと思います。時間は十分にあると思います」

──前回と比べて27歳で迎える今回の最終予選は心境など違うか

「年齢も27歳ということで、それなりの経験をしていますし、重みも感じています。責任を持ってこの最終予選に臨みたいと思っているので、集中したトレーニングと準備が大事だと思いますし、結果として残せるようにしたいです」

──長友佑都選手が離脱した影響は大きいですか

「そうですね。経験がある選手で、チームの中心選手です。ただ、最終予選なので、ベストメンバーが常に揃うことはないイメージです。その分、誰か違う選手が良い活躍をできればと思います」