▽日本代表は28日、埼玉スタジアム2002のサブグラウンドにて、9月1日(木)に埼玉スタジアム2002で行われるロシア・ワールドカップ(W杯)・アジア最終予選のUAE代表戦に向けたトレーニングを実施した。

▽練習後、リオ・デジャネイロ オリンピックにU-23日本代表として出場したFW浅野拓磨がミックスゾーンで取材に応じ、シュツットガルトへの移籍や日本代表にかける思いについて語った。

◆FW浅野拓磨(シュツットガルト/ドイツ)

──海外組として初めての代表参加となりますが時差などは

「大丈夫です」

──いつから日本に行って、ドイツに向かったのか

「日付まではハッキリ覚えてないですが、23日か24日です。1回ロンドンに行って、シュツットガルトには2、3日居ました」

──ロンドンではヴェンゲル監督に会ったか

「アーセナルのスタッフだったり、ヴェンゲル監督だったりには、(シュツットガルトで)頑張ってこいと言われました。代表に来ることも知っていたので、代表でもしっかり頑張れと声をかけてもらいました」

──アーセナルでプレーするには代表でも試合に出る必要があるが

「そこは絶対条件だと思います。まずはシュツットガルトで100%頑張りたいと思いますし、この代表で常に呼ばれて、ピッチに立てるぐらい頑張りたいなと思います。その結果、アーセナルに戻ることができたら自分の成長に1番繋がると思います。ただ、そこばっかり見るのではなく、まずは自分のチーム(シュツットガルト)で結果を残したいと思います」