久々の代表活動となる山口。持ち前のボール奪取力で、中盤の守備力を高める存在となれるか。写真:徳原隆元

写真拡大 (全2枚)

 なぜ、自分が呼ばれたのか――。山口蛍の頭の中には、まだクエスチョンマークが点滅しているようだ。
 
「驚きというか、いまだに、“なんで”というか」
 
 そう思うのも無理はない。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、今年6月にハノーファーからJ2のC大阪に復帰したことを快く思っていないからだ。メンバー発表の会見時も、「まったく喜んでいない」と切り捨てた。
 
 しかし一方で、「蛍のようにしっかりボールを奪える選手はなかなかいない」と期待を寄せているのも事実だ。
 
 山口自身、自分のストロングポイントは十分理解している。アピールするとしたら、それしかない。
 
「たぶん、そこ(ボール奪取力)が一番、買われていると思う。他のことに気を取られると、自分の良さも出せなくなる。まずはそこを意識してやりたい」
 
 代表に再び、呼ばれたことの喜びや責任感といった感情はなく、今はまだ、戸惑いのほうが大きいのだろう。「やるべきことを、精一杯やりたい」と決意を口にしたが、複雑な想いを払拭するには、とにかくガムシャラにプレーするのみだ。
 
 代表という集団にその身を置くことは、本人にとっては当然、プラスになる。
 
「いろんな刺激があるだろうし、それをプラスに変えていきたい。より高いレベルの中で、自分自身に厳しく問いかけて、一つひとつのプレーをやっていきたい」
 
 モヤモヤとしたものがあるからこそ、逆に言えば、難しいことはせず、シンプルにできることをやればいい――ボールを奪うこと。ピッチに立った時、アグレッシブに相手のボールを奪いまくり、中盤の守備力を高める山口の姿が期待できそうだ。
 
取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)