「指導者はみんなのために」  李元総統、蔡総統を激励/台湾

写真拡大

(台北 28日 中央社)李登輝元総統は28日、台北市内で開かれたシンポジウムに出席し、指導者の条件について「自分は別にして、みんなのために。これこそが最も大切な考え方だ」と語り、蔡英文総統を激励した。

27日で就任100日を迎えた蔡総統。だが、最近の世論調査では政権運営に不満を訴える人が就任直後よりも増加しており、難しい舵取りを迫られている。

李元総統は取材陣から蔡総統へのアドバイスを求められると、「なにもないよ」とし、「彼女(蔡総統)はどうやって国を導くかを知っているはずだ」と回答。「時に強硬に、時に柔軟に。人々に関心を払うべき」と指導者のあり方に関して持論を語った。

(葉素萍/編集:齊藤啓介)