27日、中国の女優タン・ウェイが今月25日、第一子となる3410グラムの女児を出産したことが明らかになった。写真はタン・ウェイ。

写真拡大

2016年8月27日、中国の女優タン・ウェイ(湯唯)が今月25日、第一子となる3410グラムの女児を出産したことが明らかになった。捜狐が伝えた。

【その他の写真】

映画「ラスト、コーション」などで知られる演技派女優のタン・ウェイは14年8月、韓国のキム・テヨン監督と結婚。今年2月に第一子妊娠を発表した。27日、この2日前の25日に香港で無事出産したことを発表。3410グラムの女の子で、中華圏の女優に多い帝王切開ではなく、自然分娩だったことも明らかにしている。

タン・ウェイとキム・テヨン監督が出会ったのは、11年の中韓合作映画「レイトオータム」がきっかけ。タン・ウェイと韓国の人気俳優ヒョンビンが主演し、キム・テヨン監督がメガホンを取った作品だ。 結婚後の出産計画について、「理想的なのは3人」と話していたが、まずは1人目が誕生したことになる。

27日に取材に応じたマネジャーによると、タン・ウェイはすでに退院しており、しばらくはキム・テヨン監督と共に香港で、親子3人の生活を送るという。(翻訳・編集/Mathilda)