写真提供:マイナビニュース

写真拡大

人気アニメ『ガールズ&パンツァー』のイベント「第2次ハートフル・タンク・カーニバル」が神奈川県・パシフィコ横浜国立大ホールにて開催され、『ガールズ&パンツァー 最終章』の制作が決定したことが発表された。

『ガールズ&パンツァー』は、戦車を使った武道"戦車道"が華道や茶道と並んで大和撫子のたしなみとされている架空の世界を舞台とした作品で、「美少女×戦車」という異色の組み合わせが話題に。また、劇中に登場する戦車が実物を精密に再現していることから、アニメファンのみならずミリタリーファンを巻き込んで人気を博している。「第2次ハートフル・タンク・カーニバル」はその集大成となるイベント。

『ガールズ&パンツァー 最終章』の制作発表はプロモーションビデオの公開とともにサプライズで行われ、会場は歓声に包まれた。最終章では、大洗女子学園を揺るがす一大騒動が巻き起こる。劇中では、新たに選出された新生徒会メンバーの活躍にも注目が集まる。

なお、TVシリーズに続く新たな戦いが描かれた劇場アニメ『ガールズ&パンツァー 劇場版』は、2015年11月21日の公開以降徐々に客足を伸ばし、2016年8月にはついに興行収入23億円を突破。8月21日時点で累計動員135万5,313人を記録している。一部の劇場では11月22日までの上映が決定し、1年間にわたるロングラン上映が確定した。

(C)GIRLS und PANZER Film projekt