離婚原因ランキング★不貞行為をこえるまさかの1位は?

写真拡大

いまや3組に1組の夫婦が離婚するほど離婚率が上昇した日本。バツ1も珍しくない時代になりましたよね。浮気などの不貞行為や親との同居はいつの時代もトラブルのもとであり、離婚へ発展するケースも少なくありません。けれど、イマドキの離婚原因には変化が見られるとか。

­

そこで今回は、司法統計をもとに男女別の「離婚原因」をランキング形式でご紹介します。ぜひ、今後の夫婦円満にお役立てください。
性別別 離婚申し立て理由
<妻>

10位:酒の飲み過ぎ

9位:親や親族との折り合いが悪い

8位:性的不一致

7位:家庭での役割を放棄

6位:浪費癖

5位:不貞行為

4位:DV(暴力)

3位:モラハラ(精神的虐待)

2位:生活費を入れない

1位:性格の不一致

­

<夫>

10位:病気

9位:家庭での役割を放棄

8位:DV(暴力)

7位:親との同居に応じない

6位:浪費癖

5位:性的不一致

4位:親や親族との折り合いが悪い

3位:不貞行為

2位:モラハラ(精神的虐待)

1位:性格の不一致
「性格の不一致」が男女ともに1位
親との同居や不貞行為も上位にはあるものの、男女ともに1位となったのは「性格の不一致」です。実は離婚率の増加に伴い、性格の不一致を理由に離婚する夫婦が増えているそう。恋人から夫婦になることで見えなかった部分が見え、価値観の違いなどを感じるのでしょう。

­

もちろん、このようなケースはいつの時代にもあったでしょうが、イマドキの夫婦は「我慢をしてまで夫婦生活を続けたくない」と考える人が増えているということなのではないでしょうか。

­

夫婦といえども他人同士。生活習慣や食生活の違いは多少あるかもしれませんが、お互いの妥協点をみつけてみてはどうでしょう。
時代を象徴する「モラハラ」と「DV」
言葉や態度により相手を精神的に虐待する「モラハラ」は男女ともに上位にあり、注目すべき離婚原因かもしれません。特に、妻から夫へのモラハラが増えているのが特徴的といえるでしょう。

­

モラハラやDVをする人は外面がいいため、「素晴らしい妻」「素敵な夫」というような人物像である場合が多く、他人が気づきにくいという問題点があります。特に、モラハラはDVのように証拠が残らないので、誰かに相談しても信じてもらえないことも多々あるとか。モラハラにしてもDVにしても、受ける側は1人で悩み続け、どんどん追いつめられていくケースが多いようです。

­

度が過ぎれば心身ともに健全でいられなくなることもあるので、離婚は賢明な選択かもしれません。
妻の離婚原因は金銭がらみが多い
共働きの家庭が増えているとはいえ、夫が稼ぎ、妻が家庭を守るという風潮はまだまだ強いのが現状です。そのため、「生活費を入れない」「浪費癖」などによる金銭的な理由で離婚を決断する妻が多いのではないでしょうか。もちろん、浮気などの「不貞行為」や「酒の飲み過ぎ」にも余分なお金がかかるでしょうから、金銭がらみといってもいいかもしれませんね。

­

また、夫の場合は、あくせく働いて稼いだお金を妻に浪費されることが引き金となり、離婚へ発展するケースがあるようです。
妻の不貞行為が増えている?!
浮気などの不貞行為は夫側が起こす問題として認識されてきましたが、夫が突きつけた離婚原因の3位は「妻による不貞行為」。実際、妻の不倫が原因で離婚する夫婦は増えているそうです。これも経済的に自立した女性が増えたイマドキの夫婦ならではなのかもしれません。

­

一方、夫の不貞行為も離婚原因の上位に君臨しています。しかし、夫の浮気を承知しながらも、金銭的な理由で離婚に踏み切らない妻も少なくないそうです。反対に、夫は妻の浮気が1度きりでも絶対に許さないとか。

­

どちらにしても、不貞行為はもはや夫だけの問題ではなくなったといえるのではないでしょうか。

­

­

これまで浮気や不倫などの「不貞行為」が離婚の最たる原因だと考えられてきましたが、イマドキの夫婦にとってはそれ以上に「性格の不一致」による我慢がつらいということが明らかとなりました。女性の社会進出が進み、妻たちの意識も変化したのかもしれませんね。あるいは、女性が強くなったということなのでしょうか・・・?

­

写真© taniho - Fotolia.com