雨を空中で静止させる新子景視(左)と鈴木奈々(右)

写真拡大

2013年に公開され、「フォー・ホースメン」と名乗る4人のイリュージョニストたちが、華麗に行う強盗イリュージョンとFBIとの攻防を描いた『グランド・イリュージョン』。この映画の続編『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』公開を目前に控え、劇中に登場する雨を空中で止めるイリュージョンに鈴木奈々が挑戦した。

『グランド・イリュージョン』続編にダニエル・ラドクリフが出演!

本作は、巨大IT企業による個人情報売買を暴露しようとしたホースメンが、天才科学者ウォルターに計画を見破られ阻止されてしまう。その裏には、ホースメンを利用して世界を大混乱に陥れる陰謀があったというストーリー。

マジック全否定の悪の天才科学者ウォルターを演じるのは、ハリー・ポッターを演じたダニエル・ラドクリフ。見せ場の1つが「雨粒が空中でストップ」「N.Y.からマカオへ一瞬でワープ」といったイリュージョンの数々で、実はこれらの監修を世界的マジシャンのデヴィッド・カッパーフィールドが手がけているのだが、カッパーフィールド曰く、劇中で行われるイリュージョンはすべて実現可能なのだとか。

この日は7月29日に結成された「日本版フォー・ホースメン」の紅一点としてメンバー入りした、マジック初心者の鈴木が登場し、約1ヵ月間の特訓の成果を披露。空中に放り投げたカードから、相手の選んだカードを剣で刺し貫く「カード剣」。重さのないトランプを刺すのは常人には不可能で、しかも、カードを当てるという要素も加わる。いつもの軽口は影を潜め、真剣なまなざしの鈴木だったが「行きます」という声とともにカードが宙を舞うと、一瞬の後に観客が選んだカードを刺すことに見事成功! 満場の喝采を浴びていた。

そしてクライマックスには、映画にも登場した前述の「降っている雨を空中で静止させる」イリュージョン。ステージ上に特設された降雨装置から絶え間なく雨が降り注ぐ中、鈴木が1人で雨イリュージョンに挑戦! だが何度「ストップ!」と叫ぶも雨は止まらず、観客からは失笑が…。

するとイケメンマジシャンで「日本版フォー・ホースメン」のリーダーでもある新子景視(あたらし・けいし)が「信じることが大事」とアドバイス。今度は鈴木のみならず、新子、テツヲ、Maguraの「日本版フォー・ホースメンも揃って「ストップ!」と声をかけると、何と雨が丸い水滴となって静止! さらに4人で「上に!」と命じると、重力に逆らい水滴が上昇。鈴木にとっても見事なイリュージョニストデビューとなった。

『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』は9月1日より全国公開となる。