LINE、Twitter、Instagram…女子大生はSNSをどう使いこなしてる?

写真拡大

女子大生なら、使いこなしていたいSNSやアプリといったソーシャルメディア。最新の情報が絶えず流れていてとても便利です。スマホを開いたらついつい癖でチェックしてしまう……という人も多いと思いますが、他のみんなはどんなSNSを利用してるの?と気になるところですよね。

そこで今回は女子大生を中心とした若者が、どんな風にソーシャルメディアを使いこなしているのか調査してみました。

■「LINE」「Twitter」は根強い人気!

フリュー株式会社運営の「GIRL’STREND研究所」によると、よく使うアプリ・サイトは「LINE」が96.1%、次いで「Twitter」が77.9%、「YouTube」が51.9%という結果に。「LINE」強し、老舗サイトをあっという間に追い抜きましたね。

「LINE」では友達、知り合い、家族といった狭いコミュニティの中でより親密なやりとりをするために利用。

「Twitter」では友達同士や同じ趣味の人、など特定のジャンルとの繋がりとして利用。知らない人・会ったことのない人と広い範囲でより多くの情報を得るために利用。というように、サイトごとにつながる相手を分けている人が多いようです。

投稿する内容は「友達と遊んだ時のこと」が17.2%「日常風景」が12.5%「出掛けた時のこと」が9.4%でした。みなさん好きな事を思い思いに投稿しているみたいですね。

■投稿する写真は加工するのがマスト!

お洒落やファッションの情報を得るために使うアプリとしてTwitterに次いで人気なのが「Instgram」。海外セレブやモデル・女優なども各々の個性を生かしながら活用しています。これはお洒落好きな方は使うしかない!

「トイカメラ風」「使い捨てカメラ風」「一眼レフカメラ風」の写真加工が簡単にできるため、約8割が投稿する写真は加工すると回答しています。

では、どのように加工をしているのでしょうか。1番多いのが「フィルターをかける・ぼかす」で33.9%、「コラージュ」が9.7%、「顔を隠す・カラー調整」が8.1%という結果に。「自撮り」が流行っている昨今、いかに綺麗に見られるかを皆さん心得ているようです。

また、顔だけでなく洋服や食べ物もお洒落に加工しているみたいです。自分のセンスを手軽に見せることができるのは嬉しいポイント。

■進む若者のFacebook離れ

そんな中、若者×SNSについてこんな情報も。Marketing Research Campの調査によると、10代のFacebook利用率が2015年から比べると18%も下がっているのだとか。これは若者のFacebook離れを裏付ける結果となりました。

若者のFacebook離れの主な理由としては、実名で登録をしなければならないというルールにより「繋がりたくない人とも繋がってしまう」ということ。親や周りの大人たちから監視されているような気がして、気軽に投稿ができないと感じている若者も多いのではないでしょうか。

もちろん、友人以外に公開をしないという設定もあるのですが、「細かくいろんなものを設定しなければいけないので、わずらわしい」という意見も。TwitterやInstagramが流行している背景には、やはりそのシンプルさにあるのかもしれませんね。

■ソーシャルメディアは「ライブ感」が重要?

happy female friends sitting and chatting in restaurant

アメリカで爆発的人気を誇るSnapchat、通称「スナチャ」。日本でも高校生・大学生を中心に流行していて、これからますます人気が出るであろうSNSの一つです。そんなスナチャが若者に人気の理由は、やはり「広告が少なく、さっぱりとしていること」や「投稿した動画が自動的に削除される」ということではないでしょうか。

Fasebookが自分の「思い出アルバム」というイメージだとしたら、スナチャはその名のとおり「チャット」。投稿は時間が経てば自動的に削除されるので、その瞬間を逃したら一緒に楽しむことができないという、ライブ感を味わうことができるのです。ちなみにTwitterも同じで、その瞬間に一緒に盛り上がれないと、あとから反応をしてもあまり意味がないという性質を持っています。

つまり、若者がSNSに求めているのは「リアルなつながり」。全く顔の知らない人とも繋がれるのがSNSの利点でもありますが、大学生を中心に今の若者は「SNSの友達=リアルの友達」という人が増えています。仲の良い友達だけでコミュニティを作り、その場に一緒にいなくても盛り上がることができる。そんなリアルな友達との「コミュニケーション方法の一つ」としてSNSを利用する若者が増えているということなのかもしれません。

SNSが「リア充を自慢する場所」と化してしまい、投稿する内容を毎回考えなければいけなくなり、SNS疲れを起こした若者が「何も考えずに友人たちと楽しむ」ことができる、それがSnapchatやInstagramというコンテンツなのではないでしょうか。

便利で楽しいソーシャルメディア。新しいアプリやサイトもどんどん開発されています。せっかくスマホを持っているならば面白いものを見逃さないようにチェックしなきゃ勿体無い!上手に付き合って楽しいスマホライフを送ってくださいね!