BBQや廃墟も楽しめる!東京湾に浮かぶ無人島「猿島」

写真拡大

横須賀から船でたった10分という距離にある、東京湾に浮かぶただ一つの無人島「猿島」をご存知ですか?自然の中でバーベキューやフィッシングができ、歴史散策コースもあるので、家族やお友達と一日中レジャーを楽しめる無人島として人気のスポットです。そんな魅力いっぱいの猿島の歴史や遊び方についてご紹介します。

【 写真入り記事は関連記事 「元記事」 からチェック! 】

■ 猿島ってどんなところ?

猿島は東京から一番近い自然の無人島。東京ドーム約1個分の面積で、20〜30分程度で一周できるほどの小さな島です。横須賀の三笠公園内の桟橋から船で10分ほどのところにあります。

◎ こんなに都会から近いのにだれも住んでないの?

島のユニークな歴史を紐解けばそのナゾがわかります。猿島は東京湾の入り口に位置していて、幕末に砲台が造られました。この島は海上防衛のための要塞としての歴史を歩んできたのです。そのため、島の外からは見ることができない頑丈なレンガ造りの建物が、ほとんど人の手に触れずに保存されているのです。

■ 猿島で楽しめるアクティビティーを紹介!

◎ 船で上陸!

横須賀中央駅から徒歩15分の場所にある横須賀三笠桟橋から船が出ています。朝8:30から1時間ごとに運行されてて、10分ほどで島に到着します。帰りの船の最終便が17:00なので、一日めいっぱい遊べますよ。渡船の乗船料は大人1,300円、小学生650円、小学生未満無料。また、猿島公演入園料として、15歳以上200円、小・中学生100円が徴収されます。

※ 冬期(12〜2月)は週末のみ運航。

【注意事項】
・ ペットを連れて行くことはできません(介助犬、盲導犬を除く)。
・ 花火など危険な遊びが禁止されています。
・ 猿島に泊まることはできません。
・ 船は天候により欠航となる場合があります。
・ 食材の販売は行っておりません。

◎ バーベキューは手ぶらでOK

バーベキューに必要な道具は全てレンタルできます。食材だけ持って行って、無人島BBQをスタート。お腹いっぱい食べ終わったあとは、道具を返却し、島のダストステーションにゴミを捨てます。帰りも手ぶらでOK!

◎ 東京湾の空と海に囲まれた浜辺で海水浴

対岸の街の景色を眺めながら、ゆったりビーチで過ごせます。7月中旬から8月31日までの海水浴場オープン期間中は、監視員が常駐しているので安心。シャワー・更衣室も利用できます(大人600円、小学生300円)。海水浴期間は、島のレストラン「オーシャンズキッチン」もオープンしています。

◎ 要塞を散策して歴史遺産を満喫

小さい島に、見どころある歴史的建物がいっぱい。東京湾の文化と歴史を感じながらの散策を楽しみましょう!展望台からの眺めやレンガのトンネル、5つの砲台跡など、この島ならではの魅力を満喫できます。有料のガイドツアーで、島の歴史を紹介してもらいながら散歩するのも楽しいかも。

■ 丸一日楽しめる身近な無人島

東京湾の唯一の無人島「猿島」は身近にある貴重な自然無人島。しかも海水浴やバーベーキュー、要塞散策もできるので、子どもから大人まで1日中楽しめます。ぜひ一度は訪れてみたいですね。

(image by amanaimages)
(著:nanapiユーザー・escritor 編集:nanapi編集部)