医師・僧侶の田中雅博氏

写真拡大

 2014年10月に最も進んだステージのすい臓がんが発見され、余命数か月であることを自覚している医師・僧侶の田中雅博氏による『週刊ポスト』での連載 「いのちの苦しみが消える古典のことば」から、地動説を唱えたガリレオを弁護して投獄されたトンマーゾ・カンパネッラの「智者たちは異端判決を恐れなかった」という言葉の意味を紹介する。

 * * *
 前回書いたように、ジョルダーノ・ブルーノはバチカンでの宗教裁判で異端と判決され、1600年に火炙りの刑に処せられました。この10年後にガリレオ・ガリレイが『星界の報告』を出版しました。

 この本は、ブルーノやコペルニクスの著作がギリシャ・ローマの古典研究だったのとは違い、望遠鏡による天体の観察結果に基づいた科学論文でした。しかしその区別は、天を神の住処とする当時のキリスト教会にとって重要な意味をもたず、ガリレオは1616年に異端審問(第1回目)でローマ教皇庁から地動説を唱えないよう注意を受けて同意しました。ガリレオはブルーノと違って異端判決を恐れ、火炙りになることを避けるために自説を破棄したのです。

 ブルーノにとって、彼の天文学に基づく哲学は、自己の命よりも大事な価値、すなわち宗教でした。しかしガリレオにとっては、彼の著作は自己の命ほどの価値はなく、科学の論文にすぎなかったのです。

 ところが、頼まれもしないのに、命の危険を顧みずガリレオを弁護する修道士が現われました。トンマーゾ・カンパネッラです。彼は、結果的には火炙りになりませんでしたが、その危険に晒されながら獄中で『ガリレオの弁明』を著しました。彼は生涯で4回ローマ教皇庁に捕らえられ、合計約30年も投獄されました。

 ガリレオは1632年に『天文対話』を著し、再び異端告発を受けます。カンパネッラはガリレオとの文通で、自分独りがガリレオの無罪を主張して『ガリレオの弁明』を出版したことを再確認し、『天文対話』の登場人物はソクラテスに匹敵すると評価しています。

 しかしガリレオの異端審問(第2回目)の結果は有罪で終身刑でした(1992年になってローマ教皇ヨハネ・パウロ2世はガリレオ裁判が誤りであったと認めてガリレオに謝罪しました)。

『ガリレオの弁明』の中でカンパネッラは、アリストテレスなどの思弁よりも、ガリレオが実際に観た事実の方が信用できると書いています。対蹠地(地球の反対側)について、聖人たちの論証よりも、コロンブスやマゼランの見聞の方が確かなのと同じだといいます。そして、プラトン著『ソクラテスの弁明』やジョルダーノ・ブルーノ等を例にあげて、「智者たちは異端判決を恐れなかった」と書いて、他の誰もが沈黙していた状況で地動説を弁護したのでした。

 命懸けで『星界の報告』を弁護したカンパネッラの名前を使って、宮沢賢治さんは『銀河鉄道の夜』という児童小説を書きました。主人公の名前はジョバンニで歴史上のトンマーゾ・カンパネッラの幼名です。そして『銀河鉄道の夜』は親友カムパネルラを探して旅に出る物語です。宮沢賢治さんも、自己の命を超えた価値としての宗教を子供たちに伝えたかったのだと思います。

●たなか・まさひろ/1946年、栃木県益子町の西明寺に生まれる。東京慈恵医科大学卒業後、国立がんセンターで研究所室長・病院内科医として勤務。1990年に西明寺境内に入院・緩和ケアも行なう普門院診療所を建設、内科医、僧侶として患者と向き合う。2014年10月に最も進んだステージのすい臓がんが発見され、余命数か月と自覚している。

※週刊ポスト2016年9月2日号