「子どもの独占欲」を強めてしまう親のNG行動とは

写真拡大

ゆずること、ガマンすること、自分の希望が通らないことを学ぶのは、子どもが将来よい人間関係が築けるようになるにあたって、とても大切なことです。

子どもが発する“ほどよい不満”は、その解消の過程で「どうやったらうまくいくのかな?」と考えることにもなり、考える力の育成にもつながります。

しかし、それが「満たされなかった」というガマン体験・不満体験になってしまうと、自分の持ち物などに対して、強い独占欲が生まれてしまうことがあるといいます。

では親がどんな行動をすると、子どもの独占欲が強くなってしまうのでしょうか? カウンセラーの玉川華世さんに話を聞いてみました。

 

■1:友達や兄弟に本人のものをゆずらせる

「オモチャやおやつを、友達や兄弟で一緒に楽しむような場面では、お互いにゆずりあうことが大切です。

ただ、子ども本人の気持ち(あげたくない、本当は自分が楽しみたい)を受け止めずに、他人に“ゆずる”ことばかり経験させると、子どもは“相手にゆずることはイヤなこと、損をすることだ”と学ぶことがあります」

私たち大人だって、自分の気持ちを無視され、その気持ちに反する行動を強制されたら、イヤな気持ちになりますよね。「損をした!」と感じたら、損を取り戻したいって感じますよね。それは子どもも同じなんです。

「その“取り戻したい”という気持ちが、強い独占欲となり、相手にゆずることをしなくなる原因の一つになることも。

ですので、もし、子どもがゆずるべきときにゆずれたときは、“ちゃんと、どうぞができたね”“よくガマンできたね”と笑顔で伝えてみてください」

子ども本人が「あげたくないなぁ」と感じていること、それをぐっとガマンできたことを一緒に喜んでみてください。

お母さんやお父さんの笑顔や喜びがあるだけで、子どもの中のイヤな気持ちがうすくなり、「損した!」と感じにくくなります。

 

■2:欲しいものではなく、役に立つものばかりをあげる

「子どもが欲しいものと、子どもの役に立つものが一緒とは限りません。

子どもが“これ欲しい!”と感じていたとしても、私たち大人は“そんなヘンなものより、こっちのほうが役に立つよ”と、子どもの将来を思って、アドバイスをすることがあります」

ただ、子ども本人にとってそれは「欲しいものがもらえない!」と、欲求が満たされない体験となります。

「欲しいものがもらえない」ことが続くと、子どもの中で「欲しい!」という気持ちが大きくなり、そんなに欲しくないものにまで、大げさに「欲しい!」「それ私の!」と主張したり、自分のものを誰かに貸すことをイヤがるようになったりしてしまうそうです。

「ですので、子どもが何かを欲しがったときは、その場でジャッジをするのではなく、“この間買ったものがお家にあるから、今日はやめようね”や“来週の誕生日の分でよければ、今買ってもいいよ”など、生活の流れの中で、バランスよく“欲しいもの”と“必要なもの”を取り入れてみてください」

バランスのいい欲求不満は、子どもにとって、バランスのいいガマンを学ぶ機会となります。

 

いかがでしょうか?

独占欲の裏側には、「欲しかったのに、手に入らなかった」という満たされなかった思いがあるのですね。そこを満たしてあげることで、「欲しい!」という気持ちが落ち着くので、自然と独占欲も小さくなります。

大切なのは、ほどよい自由(わがまま)と、ほどよいガマンを、少しずつ取り入れていくことです。

玉川さんによれば、

「うまくいくコツの一つは、“今日の夕ご飯は、あなたの好きなハンバーグだから、明日の朝ご飯は、お母さんが好きなお魚にしてもいい?”みたいに、日常の中で、親子で取り組んでいくこと」

だそうですよ! ぜひ実際の生活に取り入れてみてくださいね。

(ライター 大山奏)

 

【取材協力】

※ 玉川華世・・・家族や友達との関係で、多くの傷つき体験を持ちながら、その傷つきに気がつかず大人になり「なぜこんなにも私の人生はうまくいかないのか」と疑問を持ったところから、心理学と出会い、現在は心理カウンセラーとして活動中。以前は恋愛専門だったが、職場の人間関係をうまくまわすコツ、企業の心をつかむ転職活動のやり方、子どもの心を豊かにする接し方など、最近は、幅広いテーマを扱っている。『男と女の成長心理学』

 

【関連記事】

※ ママが「子どもにイライラした時」にやるべきこと4つ

※ その過保護キケン!「引きこもりがちな子ども」に育ってしまう親のNG行動

※ 真面目な子育てママほど「自己嫌悪に陥ってしまう」2つの理由

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ 今だけ20%オフ!簡単過ぎる「飲む美白ケア」がスゴイ

※ たったの15秒で・・・一味違う「幹細胞コスメ」がすごい!

※ お鍋で作れる!? 夏バテ気味な身体にうれしい簡単「パエリア」

 

【姉妹サイト】

※ そんな簡単なことだったの!? 「夫婦の愛をずーっと保つ」方法4つ