本当に困った「ご近所トラブル」を円満解決する方法4つ

写真拡大

皆さんは、ご近所トラブルに遭遇されたことはありますか? 近年、特に都会ではあまりご近所付き合いはなく、隣の住人の顔も分からない、挨拶程度しかない、という人も多いと思います。

しかし子どもがいたり、逆にお年寄りの方などがいると、ご近所付き合いが多い場合も。良い関係が作れている場合は、実際の生活にも非常に大きなメリットがありますが、一度トラブルが発生してしまうと、なかなか修復が難しかったり、関係維持が難しくなったりしますよね。

そこで今回は『WooRis』の過去記事や海外情報サイト『the Asianparent』を参考に、“ご近所トラブルを円満解決する方法”5つをご紹介します。

 

■1:文句ではなく、困っていることを伝える

もし日常的に、ご近所さんとの関係で何か困っていることがあった場合は、いきなり文句を言うのではなく、困っていることを伝えてみてください。

これは決して、ご近所さんを非難するものではありません。“自分が何に困っているか”を伝えるのです。もしかしたらご近所さんは、無意識にその原因を作ってしまっていたり、気づいていないかもしれないからです。

丁寧に事実だけを伝えみましょう。

 

■2:手紙を書いてみる

もし困っていることを伝えたとしても、あまり効果がないようでしたら手紙を書いて伝えてみましょう。

できれば近所の平均的な事象を伝えたり、周りの声を伝えてみても良いかもしれません。トラブルを表沙汰にするのではなく、あくまでも個人的な手紙として送ってみてください。

この時に忘れてはならないのは、現状のトラブルだけを伝えるのではなく、解決策を一緒に提示すると良いでしょう。

 

■3:近所の組合などに相談する

それでもトラブル解決がなかなか図れないようでしたら、近所の組合や管理人さんなどに相談してみましょう。

後々の関係を考えると、直接、個人的に問題解決に乗り出すのではなく、第三者から問題を伝えてもらい解決を図ってもらうのが良いでしょう。

 

■4:警察や市役所など公的機関へ相談する

いよいよ、最後の手段としては、警察や市役所など公的な機関へ相談しましょう。

この時に相談しやすくするために、そして報告内容を客観的にするためにもトラブルの記録をつけておくと良いでしょう。

 

以上、“ご近所トラブルを円満解決する方法”5つでしたがいかがだったでしょうか。できるだけ、ご近所トラブルは起こしたくないのが、皆さん本音ですよね。

良いご近所付き合いをして、楽しく過ごせるようにするため、これらのティップスをぜひ覚えておいてください。

(ライター 吉田和充)

 

【関連記事】

※ 「ご近所トラブル」の原因、3位ペット2位駐車違反を圧倒的に超える1位は?

※ 3位治安、1位近所付き合い「引越し先で不安なこと」意外すぎる2位は

※ 「ご近所トラブル」の原因、3位ペット2位駐車違反を圧倒的に超える1位は?

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ 今だけ20%オフ!簡単過ぎる「飲む美白ケア」がスゴイ

※ たったの15秒で・・・一味違う「幹細胞コスメ」がすごい!

※ お鍋で作れる!? 夏バテ気味な身体にうれしい簡単「パエリア」

 

【姉妹サイト】

※ 夫にどう呼ばれてる?「ウチの嫁or奥さん」が間違っているワケ

 

【参考】

※ Tips on how to deal with bad neighbours - the Asianparent

 

【画像】

※ Graphs / PIXTA(ピクスタ)