『子宮の中の人たち』EMI(KADOKAWA)/妊娠から出産まで、子宮でどんなことが起こっているのか、妊娠は女性の体をどう変えるのか、等身大で描いて話題だ

写真拡大

 平和な日常に現れるモンスターを迎え撃つのは白血球やマクロファージなどの細胞たち。そして妊娠中の子宮で起きる出来事を物語にしたマンガまで。人体は謎とドラマに満ちているのだ!

 免疫や妊娠の仕組み、「身体」を舞台にした、「人体コミック」が続々と登場している。たとえばブログからSNSで話題になって、単行本化されたのは『子宮の中の人たち』だ。

●人体は毎日が戦場

 また、新人の作品ながら、コミックス3巻の累計で75万部を売り上げているのが、清水茜『はたらく細胞』。

 平和な日常に侵入してくるモンスター(細菌など)とそれを阻む免疫細胞との凄惨な戦いを描く──と書くと、まるでSFのようだが、タイトルどおり人体を舞台に細菌や熱中症と戦う細胞たちの活躍を描くスペクタクル。

 登場するキャラクターは、白血球に赤血球、キラーT細胞、マクロファージと、擬人化された細胞たち。彼らがいる「この体」は熱中症やニキビ、おたふく風邪などに次々とかかる。

 元気で当たり前と思っている自分の体内で、こんな死闘が日々、繰り広げられているとは。読了後、思わず体に「ありがとう」と言いたくなる作品だ。

「細胞を擬人化したマンガというアイデアは、妹から言われたもの」と、著者の清水さん。「季節に合わせて、梅雨なら食中毒、夏なら熱中症と誰もが知っている症状をネタにしています。また、『この細胞はこんな能力があるから、こういう症状を起こそう』とキャラクター先行で考えることもあります」(清水さん)

 舞台となっている「この体」は、同じ人体だそう。

「インフルエンザにかかったり、寄生虫のアニサキスに齧られたりと、気の毒になってきますが、細胞たちの日常を描いていたのでは、マンガとして退屈なものになってしまうので、これからも散々な目に遭わせることになりそうです」(同)

 デビュー作からの担当編集者、講談社の芝尾裕之さんは最初から手応えを感じていたという。『はたらく細胞』の原型であるデビュー作が掲載されたとき、新人は票をとりにくい読者アンケートで、上位に食い込んだ。

「人体の細胞を擬人化した読みやすさと『なんか新しい感』が魅力なのだと思います。多彩なキャラクターの自然な動きやふるまい、コマの細部にいたるまでの緻密な描き込みといった、清水先生の表現力、マンガとしての力はもちろんです」(芝尾さん)

 読者からは「勉強になる」との感想が多く寄せられるそうだが、ときにマンガとしての面白さ、読みやすさを優先することもあるので「その点はご了承ください」(同)とのこと。

●専門家が読んでみると

 書評家としても知られ、『エピジェネティクス』などの著書もある大阪大学の仲野徹教授に感想を聞いてみた。
「細胞を擬人化するというアイデアが斬新ですね。特にうまくまとめてあると思ったのは、T細胞の胸腺での教育や(12話)、赤芽球の脱核なんかもしぶくていいですね」(仲野さん)

 一方、免疫反応でいちばん重要な、抗原特異性については、正確さを増しつつ、物語をふくらませられそう、とのこと。

「細胞の個々の機能について、突っ込んで描いてあるのがおもしろいですね。細胞について興味をもった人には『マンガでわかる免疫学』もお薦めです」(同)

(ライター・矢内裕子)

AERA 2016年9月5日号