北東の風強まり涼しく  台湾にも秋の気配

写真拡大

(台北 28日 中央社)中国大陸の華南地域から湿った空気が流れ込んだ影響で、28日の台湾は北部を中心に雨となった。中央気象局は今夜から明朝にかけての各地の予想最低気温を26度前後としており、秋の気配が感じられそうだ。

台湾では例年、8月下旬でも厳しい残暑が続く。中央気象局では、今年は台風10号の影響で冷たい北東からの風が比較的早く強まったとし、30日頃まで涼しさが感じられるほか、局地的に強い雨が降る恐れがあるとしている。

(陳葦庭/編集:齊藤啓介)