27日、中国甘粛省張掖市で行われた航空ショーで、曲芸飛行中のXA-42、1機が墜落し、同機の操縦士が死亡した。観衆にけがはなかったという。

写真拡大

2016年8月27日、中国甘粛省張掖市で行われた航空ショーで、曲芸飛行中のXA-42、1機が墜落し、同機の操縦士が死亡した。観衆にけがはなかったという。米国の中国語ニュースサイト、多維新聞が伝えた。

【その他の写真】

中国中央テレビ(CCTV)によると、墜落機は、遼寧省瀋陽市にある飛行家航空倶楽部有限公司が所有するものだという。(翻訳・編集/柳川)