イタリアのゴーストタウンで「鬼ごっこ世界選手権」が開催!世界中の鬼ごっこ愛好家が結集

写真拡大

9月3日・4日の二日間、イタリア北部のゴーストタウン、コンソノで、「鬼ごっこ世界選手権大会」が開催される。

かつての「イタリアのラスベガス」

Di Marco Sbroggiò - Opera propria, CC BY-SA 4.0

Di Marco Sbroggiò - Opera propria, CC BY-SA 4.0

イタリア北部・アルプスの麓のゴーストタウン、コンソノは、かつてイタリアにラスベガスを作ろうとの野望を抱いた企業家マリオ・バーニョ伯が1968年に建設したもの。

古い村を破壊して建てられた街コンソノは、8年の間、高級ホテル、ナイトクラブ、動物園、観光列車、独特の建築物が立ち並ぶ歓楽の場となった。

1976年に起こった地滑りで、最も近い町へと結ぶ道路は破壊され、完全に孤立。「イタリアのラスベガス」は忘却の彼方に沈むこととなる。

現在では、「鬼ごっこ選手権大会」以外では、映画やミュージッククリップの撮影ロケに使われている。

鬼ごっこを五輪競技に

Nascondino World Championship

Nascondino World Championship

2010年にイタリアのベルガモで始まった大掛かりな鬼ごっこ競技は、絶好の隠れ場が豊富なコンソノに移されて以来、今では数百人もの愛好家が世界から集う規模に発展。

日本にも熱心な愛好家が多く、「一般社団法人鬼ごっこ協会 」の代表理事を務める城西国際大学の羽崎泰男教授が、3年前に鬼ごっこを2020年東京五輪の公開競技にしようと働きかけたこともある。

シンプルかつ厳正な規則

Nascondino World Championship

Nascondino World Championship

今回の大会では、5人を1チームとし、全部で64チームが参加する。

18歳から60歳まで、数百人の参加者がグループに分かれ、それぞれのグループのうち1人が、「鬼」が60数える間にどこかに隠れ、「鬼」に見つからずに特定の場所までたどり着けば勝ち、というルール。

参加費は1チームで125ユーロ(約14000円)、1人当たり25ユーロ(約2800円)とお手頃だ。

Nascondino World Championship

Nascondino World Championship

破壊された古い村や、かつての歓楽街の賑わいに思いを馳せながら、廃墟の隠れ場に身を潜める「鬼ごっこ」は、さらにスリリングなものになりそうだ。