秋までに完全復活!「夏のお疲れ肌」をなかった事にするスキンケア術

写真拡大

今年の夏も、そろそろ終わり。

海や山での紫外線や、毎日のエアコンによる乾燥など、夏は肌にタメージを与える原因がたくさんありました。

暑いからと、ついつい手抜きになってしまったスキンケアでダメージは進行気味。そのままにしておくと、秋にはくすみやシミ、シワの原因になってしまいます。

そこで今回は、美容ライターである筆者から、本格的な秋になる前に夏のお疲れ肌を復活させるスキンケア術をご紹介しましょう。

■余分な角質を除去し、ダメージを受けた肌に栄養を与える

ごわついてくすんでしまった肌は、ターンオーバーが乱れている可能性大。まずは不要な角質を取り除いて、ターンオーバーを整えましょう。

自分でできる角質ケアとしては、ふき取りローションや、マイルドなピーリングジェルなどがオススメです。

その後は、たっぷりと栄養のある美容液やクリームでお手入れしましょう。

■化粧水をたっぷり使って徹底保湿

まだ暑いからと言って、「さっぱり系の化粧水をちょっぴりつけただけ」なんてことありませんか?

夏の間スキンケアを適当に済ませてしまった人は、水分と油分のバランスが崩れてしまっているかも。化粧水も秋用の保湿重視系にシフトしていきましょう。

何度も重ね付けして、手のひらがもっちりと肌に吸い付くくらいまで入れ込んで、肌にきちんとした水分量を覚え込ませるようにしましょう。

■ヘッドスパで頭皮からほぐして肌を蘇らせるのも手

頭皮と顔はつながっています。顔だけお手入れするより頭皮からケアしたほうが、効果がぐんとアップします。

美容室やヘッドスパ専門店で、頭皮の状態を見てもらうと、やはり紫外線や汗で頭皮はかなりダメージを受けていたことがわかるはず。

自分ではなかなかできない頭皮のコリをほぐしてもらうと、血行がよくなり肌のくすみやたるみがびっくりするほど改善されます。

■まだまだ日焼け止めはきちんとつかって

ピークは終わっても、まだまだ外では紫外線は降り注ぎ、肌にダメージをもたらします。

これ以上ダメージを進行させないためにも、きちんと日焼け止めを塗ってからメイクをしましょう。

以上、夏のお疲れ肌を完全復活させるスキンケア術をご紹介しましたが、いかがでしょうか?

この時期にきちんとしたスキンケアをしておくことで、秋になったら一気に肌が老化した!といった印象にはならないはずです。

秋のメークがキレイに映える肌になるために、今からほんの少しがんばって“夏のお疲れ肌”をなかったことにしてしまいましょう。