かわいい子が大好き! 名物表紙のふんわり女子大生が恋愛より大事なものとは?

写真拡大

 女優、タレント、アナウンサーも輩出した週刊朝日の名物企画「女子大学生公募モデル表紙」が今年もスタート! 気鋭の写真家・川島小鳥が撮る今週の女子大生は、駒澤大学4年の「伊波絵梨花(いは・えりか)」。

 スタッフや女子大生が集まった控室。「何か音楽ないかな?」というリクエストに応えて、スマホでジャニーズのグループの曲をかけてくれた伊波さん。乃木坂46や欅坂46などの女性アイドルも好きで、「ミーハー」を自任する。最近の一押しは“夢みるアドレセンス”の荻野可鈴ちゃんだ。

 そんな「かわいい子好き」で自らもかわいい伊波さんだが、兄と弟に挟まれて育ったせいか、スポーツ好きでサバサバやんちゃな性格だとか。

 恋愛について聞いても、「恋愛に重きを置いてないんです」とのこと。

「今はとにかく自分が自立することが大事。卒業したらマーケティングや広告の仕事をやってみたい。結婚願望も、今のところないですね」

 でも将来的には、「この人のためなら自分を犠牲にしてもいい」と思える人と、人生を歩みたいそうです。

週刊朝日  2016年9月2日号