ブラスバンドの楽器にも危険はいっぱい

写真拡大

キルトをまとった男性が高らかに吹き鳴らす独特の音色――。スコットランドの伝統楽器「バグパイプ」の内部に繁殖した細菌を吸い込んで死亡した事例が、英医学誌「Thorax」の2016年8月号で報告された。

英国でもバグパイプでの死者は初めてというが、論文を執筆した医師は「管楽器奏者は肺疾患にかかるリスクを十分に自覚し、楽器を定期的に清掃・消毒することが重要だ」と注意を呼びかけている。

死んだ男性の楽器を分解すると細菌の巣窟だった

バグパイプは、リード(薄片)式の民族楽器で、リードを取り付けられた数本の音管(パイプ)を留気袋につなぎ、溜めた空気を押し出すことでリードを振動させて音を出す。

同誌によると、英国在住の61歳(当時)の男性が死亡したのは2014年10月。重症の過敏性肺炎が原因だった。検視の結果、肺には重度の損傷が見つかった。男性はバグパイプ奏者で、ほぼ毎日演奏しており、7年間にわたり乾生のせきと呼吸困難に悩まされていた。

ところが、バグパイプを自宅に置き、オーストラリアに3か月間旅行に出かけた時だけ、肺の症状が緩和したという。そこで、男性の死亡後、主治医らがバグパイプを分解し内部を調べたところ、湿気がこもった留気袋や音管、マウスピースなどに多様な細菌が繁殖していることがわかった。男性はバグパイプをほとんど清掃・消毒していなかったらしい。主治医は「男性の過敏性肺炎の原因は、この細菌だった可能性が高い」と語っている。

高校ブラスバンドの楽器から442種類もの細菌が

ところで、管楽器は想像以上に不潔で、怖いことが米国の調査結果でもわかっている。2011年、オクラホマ州立大学医学部の研究者が高校ブラスバンド部で使用されている管楽器の衛生状態を調査した。フルート、クラリネット、トロンボーン、トランペットなど13の管楽器の117か所(マウスピース、楽器内部、収納ケースなど)からサンプルを採取、研究室に持ち帰って分析した。

すると、442種類もの細菌が見つかった。その中には、様々な感染症の原因となるブドウ球菌や、ぜんそくやアレルギーを引き起こすカビ類なども含まれていた。そして、採取した細菌のほとんどは、歯ブラシや入れ歯などに付着し、歯周病や虫歯のもとになる口内菌と同じ種類のものだった。

さらに悪いことに、これらの菌の多くが、抗生物質が効かない「耐性菌」だったという。調査を担当した研究者は「これらの耐性菌を完全に取り除くには、定期的に専門機器を使って殺菌する必要がある」と警告している。ともあれ、中高校の部活動でも使用後は丁寧に清掃・消毒することが大切なようだ。