産後ケアの様子

写真拡大

今年の5月11日に、厚生労働省研究班がうつ病などで治療や精神面のケアが必要な妊産婦が年間4万人もいるとの推計を発表しました。

【話題】まわりが迷惑!「産後ハイ」かどうかわかる10の質問とその影響

さらに、2005年からの10年間で、うつ病などが原因で自殺した妊産婦は63人にも上るという順天堂大と東京都の調査データもあります。

出産した女性が心身共に健康であることは、健全な子育てのための必須条件。最近になってやっと、さかんに産後ケアの必要性が叫ばれるようになってきましたが、現場ではまだまだ支援が足りていないというのが実状のようです。


そんな中、近年「産後ドゥーラ」というものが日本でも誕生し、話題となっています。

産後ドゥーラとは、産後の大変な時期の女性に寄り添い、子育てが軌道に乗るまで、家事や育児だけでなく、精神面でも全面にサポートする新しい職業。

今回、産後ケアの現状と必要性について、一般社団法人ドゥーラ協会の代表理事であり、現役の開業助産師である宗祥子さんにお話をうかがってきました。

“うつ”だけでは片付けられない、産後に自殺する母親が多い理由

――さっそくですが、今、産後うつになる人が非常に増えているといいます。最悪の場合、赤ちゃんがいるのに産後うつの果てに自殺してしまう人がいるというのは、にわかには信じがたいのですが…

宗祥子さん(以下、宗):「赤ちゃんがいるのに」ではなく、「赤ちゃんがいるから」なんです。

――そうですね…! 出産がゴールになってしまっているからでしょうか。

宗:それが最近では、「妊娠がゴール」の人もいるんですね。不妊治療などしている方だと特に。

――うーん、たしかに出産や妊娠は華やかなイメージがありますが、その後に続く子育ては生活そのものですから、想像がしにくいのかもしれませんね…。
産後の大変な時期を、若かったり、体力があったり、または気合いで乗り切ってしまう人の中には、子どもが歩きだす時期を過ぎてから、心身共に疲れが出てしまう人もいるのではないでしょうか。

宗:そうならないためにも、産後にしっかり休むことは必要なのだと感じています。

産後はいろんな痛みが身体に残っているということがあまり知られていないんです。会陰切開や帝王切開の傷は癒えるのに時間がかかりますし、授乳し始めは乳首が切れたりして相当痛いです。

また、無痛分娩は楽かといったら、そんなことはなくて、麻酔が切れた後、腰がすごく痛いんですよ。

会陰切開も会陰の伸びが十分ではないために、通常の分娩より深く切開する場合が多いようです。麻酔の副作用で頭痛がある場合もありますし。

自分の身体の回復がままならないまま、赤ちゃんに気を向けることは難しいですよね。

――たしかに、どんなに安産でも出血はしますし、ふつうに考えたら、大けがですよね。

宗:そうです。開いた骨盤が戻るのにも時間がかかります。

日本人の生活は欧米化しましたが、身体はまだまだアジア人なのです。

「子育てが上手にできない」「赤ちゃんがかわいいと思えない」

――宗さんが、2012年に一般社団法人ドゥーラ協会を立ち上げて、産後ドゥーラという産後ケア専門の担い手の養成を始めたきっかけをお聞かせください。

宗:もともとは、うちの助産院でお産をした人で、この人、産後に家に帰ったらお世話をしてくれる人はいるのかしら、と、こちらが心配になるような人が多かったことが、きっかけでした。

上の子もいるし、夫の帰宅は遅い、自分の親は高齢化しているか、もしくはまだ現役で働いているので頼れない。

そういうことを感じて、これは誰かちゃんと世話をする人がいないといけないな、と思ったのが最初の想いです。

その後、産後ケア外来を始めて、ここ数年、急激に子育てがうまくできない人が増えていると感じるようになりました。赤ちゃんをかわいいと思えない、抱っこしたくない、という人が、実際に何人もいるんです。

――その原因には何があるとお考えですか?

宗:やはり、産む人たちの実母世代の人たちが、母親になる人たちを支えきれないということがあると思います。

実母世代はすでに医療介入したお産、つまり病院での出産が主流になった時代に出産しています。

赤ちゃんとのコミュニケーションの第一歩になる母乳育児を、「おっぱいだけじゃダメ」と信じて軽んじる人もいますし、残念ながら、彼女たちが出産や子育てに関して、適切なアドバイスをできるとは限らないんです。

そのことは、実際に患者さんたちのケースを見ていて、感じたことです。

――たしかにそうですね。お恥ずかしいのですが、私の母はアメリカで私を出産したのですが、床上げの期間が3週間であることを知りませんでした。私が産後、寝てばかりいたら、そろそろ起きなさいと言われました。家族や友人に頼れる人はいいですが、実母を頼れないとなると、自分さえがんばれば、と無理してしまう人も少なくないかもしれませんね。

宗:産んだばかりの女性には特にケアが必要です。

産後ドゥーラを目指す方には、とにかく産婦さんの話を聞いてあげて、受け止めて、休ませてあげてほしいと、常々お伝えしています。

産後ケアは、赤ちゃんをかわいがることができるようになるためのケアなのです。母になる女性には、寄り添う人間が必要なのです。

また、スムーズにお母さんになるためには、出産直後から赤ちゃんと一緒にいることが大事です。

たとえば、泣いたらすぐにおっぱいを飲ませればいいんです、3時間授乳とかにこだわっていないで。そうすることで、オキシトシンというホルモンが出て、赤ちゃんへの愛情がわいてきます。

ところが、母子共に健康なのに夜は分離されたりすると、いざおっぱいを飲ませようという段で、赤ちゃんが飲んでくれないという事態になったりします。

オキシトシンは授乳することで分泌されるホルモンですから、そうなるとオキシトシンが出ない、愛情がわきづらくなる、という悪循環になります。

そういったことも含めて、産後に起こりうる困難を知らない人が多いですね。

――それを教える人がいないということなんですね。

産後ケアは、新生児訪問だけでは足りていない

――宗さんはドゥーラ協会のホームページのなかで、「年間100万人生まれる赤ちゃんに対して、地域で活動できる助産師の数は1800人しかいない」と言われていますが、ほとんどいないに等しいですよね。
自治体のしてくれることとして、新生児訪問が思い浮かぶのですが、私自身の経験ではサポートというよりアンケートを受けただけ、という印象でした。

宗:そうなんですよ。現行の新生児訪問って、なんのために行われているのか、ママには伝わり辛いんですよね。新生児訪問についてもその役割があるかと思いますが、赤ちゃんの沐浴をするとか、買い物をしてあげるとか、そういうものでないと、ママが求めている産後ケアとしては不十分。

今、お母さんに必要とされているのは、ご飯を食べる間だけでも赤ちゃんを抱っこしてあげるとか、そういった具体的なことなんです。

ママはもっと周囲の手を借りていい

――産後ドゥーラは、サービスになるので誰もがすぐに躊躇なく使えるわけではありませんが、東京の中野区や杉並区などではすでに産後支援として、産後ドゥーラ利用に補助が出る自治体も増えてきていますね。

宗:はい。それから、企業のなかにも福利厚生として、産後ドゥーラの利用を検討しはじめたところも出てきているようです。

――なるほど、ベビーシッターの利用券などの福利厚生がある企業は、すでにありますね。

最後に思うのですが、いくらサポートやシステムなどがあっても、それを利用する女性側の意識の変革が大事なのではないでしょうか。

まわりの理解も必要ですが、「お母さんになったのだから」と、休むこと自体に罪悪感を抱く人もいると感じます。

宗:本当にそうです。だから、産後に実際に大変だった人たちがこれから産む人に産後ケアの必要性を伝えたり、メディアにも、産後はしっかりと休まないと次のステップになかなかいけないんだということを、もっともっと伝えていってほしいですね。

それと、うちの助産院では、「両親学級」といって、産後ケアの必要性につい話す機会ももうけています。

産後の生活のサポートをどうやってまかなうか、父親になる男性の帰宅時間などもお聞きして、なぜ産後休むことが必要なのかを学びます。

――それは助産院で出産予定の人を対象としているんですか?

宗:いいえ、予定していなくても参加可能ですよ。

――なるほど。地域に広く門戸を開いてらっしゃるのですね。本日は、ありがとうございました。

まとめ

これだけ情報があふれている現代においても、産後ひとりで悩むママの中には、どこに、誰に助けを求めていいのかわからない、という人も多くいます。

自治体がなんらかのサービスを行っているかもしれませんし、産後ケアに特化した助産院のあるところもあります。まずは地元の情報収集から始めてみてはどうでしょうか。

取材協力:宗祥子(松が丘助産院) 一般社団法人ドゥーラ協会
参考:年4万人の妊産婦「精神疾患の治療やケア必要」 厚労省

※2016.8.30 一部表現に誤りがあったため訂正致しました。読者の皆様にお詫び申し上げます。