大竹しのぶ

写真拡大

映画『後妻業の女』の初日舞台挨拶が8月27日、TOHOシネマズ日劇にて行われ、主演をつとめた大竹しのぶをはじめ、豊川悦司、笑福亭鶴瓶、津川雅彦、永瀬正敏、長谷川京子、水川あさみ、鶴橋康夫監督が登壇した。

『後妻業の女』初日舞台挨拶のその他の写真

本作は、直木賞作家・黒川博行の「後妻業」を数々のテレビドラマを手掛けた鶴橋監督が映画化。資産家の独身男性の後妻となり、その全財産を詐欺まがいに相続する「後妻業」を生業にしている女と、その計画を企てる結婚相談所の男の生態を面白おかしく描く。

大竹の鬼気迫る演技が作品の見どころになっていることに触れ、共演者が大竹のすごさについてトークするというお題が出される。コンビを組んだ豊川は「直前まで寝ているのに、本番になるとゾンビのように演じるのがすごい」と独特の表現で賞賛すると、鶴瓶は「関西弁って難しいと思うけれど、イントネーションとか完璧。あれは本当にすごいな。誰に習ったの?」と明らかにある人物をほのめかすような発言。

すると津川が「(明石家)さんまちゃんに決まってるでしょ」と突っ込み。大竹が「もう25年ぐらい前のことなので忘れちゃいましたよ」とはぐらかしたが、大竹、鶴瓶、津川と何度も共演し気心が知れている3人ならではのトークで会場を沸かせた。

また、大竹に騙され、財産を根こそぎ持っていかれそうになった老紳士の長女を演じた長谷川も、大竹の女優としての魅力にぞっこんな様子で「大竹さんが可愛すぎて、自分のせりふを忘れてしまうぐらい魅了されました」と語る。そんな長谷川だったが、鶴橋監督から突然「ターンして」とリクエストされると、照れつつも監督の指示に従う。すると背中が大胆に開いたドレスだったことが判明し、長谷川のセクシーな衣装に客席からは大きな歓声が上がっていた。

「後妻業」というきわどいテーマの作品にちなみ、登壇者のなかで「もっとも騙しやすいのは誰か?」という話になると長谷川、水川ともに「監督が一番騙しやすいと思う」と意見が一致。そんな2人の発言に大竹は「全員騙せます」と貫禄の一言で場内を大いに盛り上げていた。(text&photo:磯部正和)