タナレン駅に停車中の列車。周辺には何もない  著者撮影

タイのノーンカイ駅とラオスのタナレーン駅を結ぶ列車がある。わずか6.2km、2015年7月までは世界で二番目に短い国際列車だった。2両編成、3等座席車のみのディーゼル列車が1日、2往復している。

 
ノーンカイ発は7:30、14:45、タナレーン発は10:00、17:30、料金は20バーツ。ラオス国鉄唯一の営業路線だ。鉄道の旅は旅情があるが、この路線はちょっと国境越えには不便だ。タナレーン駅はタイラオス友好橋の少し先にあり、ビエンチャンの市街地から約20km離れている。

tnl_002ノーンカイ駅で出国手続きをする  著者撮影

ノーンカイ14:45発のタナレーン行きに乗りラオスに行ってみることにした。出発の約20分前、ノーンカイ駅の橋にある簡素なイミグレーションで出国手続きをし列車に乗り込んだ。乗客の多くはノーンカイに買い出しに来ているラオス人のおばちゃんたちだった。外国人旅行者は自分ひとり。買い出し専用列車という感じだ。

tnl_003列車が橋を通過する時は車両通行止めになる  著者撮影

14:45、定刻にノーンカイ駅を出発。ノーンカイを出るとすぐに列車はタイラオス友好橋を走行する。列車が走る時間は一般の車両は通行止めとなる。路面電車のようにゴトゴトと列車はメコン川にかかる橋を渡ってゆく。約10数分でタナレーン駅に到着した。ホームにイミグレーションがあり、入国スタンプを押してもらい無事にラオスに入国した。

tnl_004橋のほぼ真ん中が国境線になっている  著者撮影

タナレーン駅に周辺には何もない。食堂はもちろん、売店すら無い。そしてトゥクトゥクや公共の交通機関は見当たらなかった。ガイドブックにはトゥクトゥクかバスでビエンチャン市内へ向かおうとの記載があったのだが。

偶々、いなかったのだろうか?しかし、買い出しのおばちゃんたちは車で迎えが来ているようでトゥクトゥクに乗るような人たちは見当たらなかった。列車でノーンカイに戻るにも2時間半何も無い駅で待たなければいけない。大通りまで30分近く歩いただろうか?大通りに出ればビエンチャンのタラートサオ行きのバスはあるが、いつ来るかはわからない。そのまま、友好橋のイミグレまで歩いて行った。スマホのアプリで見たら約3キロ歩いた計算になる。

tnl_005タナレン駅の入国スタンプ  著者撮影

列車に乗ることが目的であれば良いのだが、国境越えの手段として使うにはちょっと不便だ。ただ、ラオスの入国スタンプは「THA NA LENG」になり、友好橋とは異なるため出入国スタンプマニアならチャレンジしてみるのもいいだろう。

 
(text & photo : 中島貴義)

 
こちらも合わせてCheck!
ウドンタニーから国境を越えてラオスの首都ビエンチャンへ

国境を越えて 〜 バンコクからラオスへ 260バーツの旅 〜 (http://tripping.jp/asean/thailand/bangkok/46503)
 
熱帯写真家フォトエッセイ「アジアの街角から」
その他の記事を読む> (http://tripping.jp/author/62)