※画像はイメージ(撮影=tosimisi flickrより)

2016年8月19日放送の広島ホームテレビ「Jステーション」では、キューバの革命家チェ・ゲバラと共に戦った、日系人男性の生涯を描いた映画の撮影が平和記念公園でクランクインしたことを放送しました。

これは、日本とキューバの合作映画で、この日は、チェ・ゲバラが1959年に平和記念公園を訪れ慰霊碑に献花した様子が撮影されました。

57年前のエピソードを再現

8月19日の午前6時ごろ、平和記念公園での撮影前には、監督が慰霊碑に献花し、出演者やスタッフ全員が黙祷をしました。

当時日本を訪れていたチェ・ゲバラは、原爆が投下された広島に訪問を希望しており、急遽予定を変更し平和記念公園を訪れたといわれています。

日本とキューバの合作映画「エルネスト」は来年の秋公開予定だということです。

キューバの革命家チェ・ゲバラが平和記念公園を訪れていたことを、県内で知っている人は多くはないと思うので、この映画をみて、新たな歴史のページに触れてほしいと思いました。(ライター:わがママ)