国によって言葉や作法、愛し方が異なってくるのならば、やはり“夫婦喧嘩”のスケールも千差万別。

「やっぱり国が違っても考えることは一緒ね」と思える“夫婦喧嘩”もあれば、「え……冗談でしょ?」と思えるようなとんでも“夫婦喧嘩”があるわけです。

そこで今回は過去の『Menjoy!』記事を参考に、「世界が仰天“ドン引き夫婦喧嘩”」を3つご紹介します。

 

■喧嘩1:体重が凄く重い夫が、妻を死なせる

ドイツと言えば、ビールやウィンナーソーセージが美味しい国として有名ですよね。

そんなドイツで起きた夫婦喧嘩の内容は、なんと130kgもある夫が妻の上に乗って、妻を死なせたというもの。

喧嘩の原因は音楽だそうで、カッとした妻が、夫が大事にしているノートパソコンにビールをかけたのだとか。それが発端となり、夫はその巨躯で妻にのしかかり殺害。

夫からもらう重さは、愛だけにしてもらいたいですね。

 

■喧嘩2:潔癖症で困る妻

中国で起こった、生活習慣の違いによる夫婦喧嘩。

新婚生活中の出来事。足を洗わずにベッドに入った夫の姿を見て、妻が大激怒!

怒り狂いった妻は、なんと寝ている夫ごとシーツに火を付けて焼き殺してしまったのです。

どうやら新婚でありながら、日頃から争いが絶えなかったとのことですが……人間、何が引き金になるかわからないから恐ろしい。

ベッドで燃え上がるなら、夫も違うことで燃え上がりたかったことでしょう。

 

■喧嘩3:映画化決定しそうな大バトル

メキシコにて、ハリウッド映画顔負けの夫婦喧嘩が起こりました。

なんとこの夫婦、喧嘩の際にナイフ・銃・手製の爆弾を使用するなど、凄まじい喧嘩を繰り広げました。

しかも事件後、夫婦共に反省の色は無く、お互いに「もっとやってやれば良かった」とコメントしているそうです。

愛憎は表裏一体と言いますから、こんなにも憎み合うほど、深く愛し合っていた頃があるのかと思うと……泣けてきますね。

 

“世界のドン引き夫婦喧嘩”……いかがでしたか?

日本でも殺伐とした“夫婦喧嘩”は日夜起こっていますが、やはり世界レベルの“夫婦喧嘩”だとスケールも違いますよね。

こんな恐ろしい“夫婦喧嘩”なんて起こさない、円満夫婦目指して頑張っていきましょう!

 

【関連記事】

早く切らないと大変!「まったく結婚する気のない男」3つの特徴

※ 「うちの嫁サイコー!」旦那からそう思われる妻になるための3ヶ条

※ 計画通り!彼が知らぬ間に「あなたと結婚している」5つのプロセス

※ げっ…そんなトコロまで!初対面で「男からチェックされる場所」3つ

※ 知らなきゃ良かった!面倒臭いと感じた時に「男がよく使う嘘」3つ

 

【参考】

※ スケールでかすぎ!海外のドン引き夫婦喧嘩8パターン【前編】 - Menjoy!

※ スケールでかすぎ!海外のドン引き夫婦喧嘩8パターン【後編】 - Menjoy!