薬(くすり)という日本語の由来について、一部資料によれば「草木によって体調が良くなって楽になる」という意味から草かんむりに楽と書くようになったという。現代人の生活にとって薬は必要不可欠なものであり、薬に助けられたことのない日本人はほとんどいないだろう。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 薬(くすり)という日本語の由来について、一部資料によれば「草木によって体調が良くなって楽になる」という意味から草かんむりに楽と書くようになったという。現代人の生活にとって薬は必要不可欠なものであり、薬に助けられたことのない日本人はほとんどいないだろう。

 中国では近年、漢方薬よりも西洋薬のほうが人気となっており、日本旅行で買い物を楽しむ中国人が日本の医薬品を爆買いしていることも知られるようになった。中国メディアの中国製薬網はこのほど、日本の医薬品には中国の医薬品にはない優れた魅力があると説明している。

 記事は日本の様々な医薬品に共通して見られる優れた特徴として、「人性化」つまり人に優しいという点を「最高目標」としていると指摘。「日本の医薬品に含まれる技術要素は中国の医薬品より突出して高いというわけではない」と主張する一方、中国の医薬品は服用の際に苦味を感じるのに対して、日本の医薬品は飲みやすいように改良されていると指摘した。

 さらに日本の医薬品の優れた特徴として、例えば栄養ドリンクには「消費者が良く知っている各種ビタミンを材料に使用している」と指摘。これとは対照的に中国の栄養ドリンクの多くは「よく分からない化学合成物質が使用されている」と説明、そのため「副作用を心配せざるを得ない」という見方を示した。

 薬を服用する際には身体にできるだけ副作用のない、自然界に存在する成分を取り入れたいというのは至極当然の考え方だ。日本の医薬品は「人に優しい」という点を最高目標にしていると称賛しているが、こうした製薬理念は薬の服用のしやすさだけでなく、その成分にまで影響していると言えるだろう。そうであれば、中国の製薬企業が目指すべきは薬を表面的に改良するということより、製薬理念そのものを改善することだと言える。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)