8月8日午後3時、明仁天皇がテレビ画面に登場した。その独特な非常にゆっくりした、そしてはっきりした話し方で、日本国民に対し、高齢と体の衰えにより国の象徴として公務を履行することが「困難」になったと語った。

写真拡大

8月8日午後3時、明仁天皇がテレビ画面に登場した。その独特な非常にゆっくりした、そしてはっきりした話し方で、日本国民に対し、高齢と体の衰えにより国の象徴として公務を履行することが「困難」になったと語った。(文:陳言。瞭望東方週刊掲載)

日本人にとって、今回初めて明仁天皇が話すのを目にしたという人も多いだろう。なぜなら日本人にとっての天皇は常に寡黙で、正装に身を包み、内閣に任命された各大臣に任命書を手渡すという存在だからだ。

日本では天皇は一種の象徴としての存在であり、国政に参加することはない。天皇が国民の前に登場する確率がやや高くなるのは、地震などの自然災害が生じた場合に限られる。こういった災害時には、ややくだけた服装の天皇が早い段階で被災地を訪れる。それから避難所に脚を踏み入れ、靴を脱いで、跪き、被災者たちに親しげに声をかける。これはテレビで見る居住まいを正した天皇とは異なる一面だ。

また日本人にとって今回のビデオメッセージのほかに「天皇のお言葉」として印象深いのは71年前の玉音放送だろう。1945年8月15日、明仁天皇の父である昭和天皇がラジオを通じて、第二次世界大戦の終戦を告げた。実際はこれは日本の無条件降伏の宣言であり、これは日本人にとって記憶にとどめるべき歴史的教訓となっている。

終戦後、天皇は毎年靖国神社への親拝を行っていたが、1978年以降、日本政府がA級戦犯を合祀させてから、昭和天皇も明仁天皇も靖国神社を親拝していない。

明仁天皇は今年82歳。一見まだまだしっかりしているように見えるが、皇室担当の日本人記者はその身体の衰えを指摘している。

2012年3月に東日本大震災の一周年追悼式が行われた際には、明仁天皇は心臓のバイパス手術を受け、胸にたまった水も完全に排出していないような状態で、息切れの症状も残っていたにもかかわらず、追悼式に最初から最後まで参加した。

しかし、2015年8月15日の全国戦没者追悼式では、時計のように正確であったはずの明仁天皇が式次第でミスを犯してしまい、また10月に参加したイベントでも同様のことが起きていた。8月8日のビデオメッセージを聞き、日本人の多くは初めてその衰えを感じたに違いない。(提供/人民網日本語版・編集TG)