トヨタが世界の子供が考えた「夢のクルマ」の入賞作品を表彰!

写真拡大 (全9枚)

クルマファンになる機会の創出を目的に開催

トヨタ自動車は、8月24日(水)「第10回トヨタ夢のクルマアートコンテスト」の表彰式を「メガウェブ」にて開催し、入賞作品の発表と表彰を行った。

トヨタ夢のクルマアートコンテストは2004年から実施しているイベント。世界中の子供たちが自由は発想で「夢のクルマ」を描くというコンテストで、夢を持つことの楽しさや大切さを伝えると共に、多くの子共たちがクルマファンになる機会を創出することを目的として、行われている。

第10回目の今回は、じつに世界81の国と地域から855,371点の応募があり、世界各国でのナショナルコンテストを経て、その優秀作品が日本で行われるワールドコンテストの審査対象となった。

受賞作品の一部を紹介しよう。

〈金賞〉7歳以下の部

「恐竜カー:地球の保護守護者」

パックワラン・ゲオカーオさん(タイ/7歳)

〈金賞〉8歳から11歳の部

「私の車はサンゴ礁の新しい家」

ジャルピッチャヤー・マラクンさん(タイ/11歳)

〈金賞〉12歳から15歳の部

「現実を変える智恵の木」

ガブリエル・カストロ・デ・ソウザさん(ブラジル/15歳)

〈豊田章男社長賞〉

「友情のクルマ」

エリンカニカ・パッドさん(カンボジア/6歳)

〈夢のクルマ技術賞〉

「レスキューカー」

ナッタポン・コマララチュンさん(タイ/11歳)

〈Makes Me Smile! Award~オンライン投票賞〉

「平和の歌」

チャーン・アカイ・ヤズジュさん(トルコ/9歳)