8月24日、浙江省寧波市で第24回日中韓青少年運動会が開催された。

写真拡大

8月24日、浙江省寧波市で第24回日中韓青少年運動会が開催された。日本・中国・韓国の三カ国の青少年たちがチームに分かれ、陸上競技、サッカー、バスケットボール、バレーボール、卓球、バドミントンなどの11競技55種目で競い合った。中国新聞網が伝えた。

【その他の写真】

同大会は1993年から始まり、今年ですでに24回目を迎える。大会期間中、各国の青少年選手は競技での交流を通して、国際試合の経験を積み、互いの文化について理解するようになる。また、この運動会では選手の力量や技術を比較するだけでなく、同時に多元的な文化が融合するにぎやかな「パーティー」ともいえる。

第24回日中韓青少年運動会の開幕式では、「寧波物語」という文化とスポーツを組み合わせたショーが行われる。そのショーは、「金色のトーテム」、「印象江南」、「活力あふれる東アジア」の3つの章に分かれ、寧波の物語を語り、中国文化を紹介した。

国家体育総局党組織メンバーで局長アシスタントの李穎川氏は、「日中韓青少年運動会は創設以来、ずっと多くの青少年を対象として、文化交流とイメージ展示などの多くの役割を果たす重要なプラットホームになった。また、三カ国のスポーツ、文化の繁栄・発展のために積極的で重要な効果をもたらしている」と語った。

日本体育代表団団長・日本体育協会副会長の岡崎助一さんは、日本の青少年選手にこの大会を通じて中国文化にしっかりと触れることができ、人生経験が豊かになることをアピールした。

さらに、岡崎さんは、「今年はリオ五輪の年で、4年後の東京五輪に向けてバトンをつなげ、この大会を一層盛り上げたい。この大会に参加した選手が、東京五輪に出場して力を発揮することを願っている」と述べた。

韓国体育代表団団長・ソウル女子大学教授の朴柱漢氏は、「この大会の開催によってアジアの青少年たちが中国の歴史と文化を理解する良い機会になればいいと願っている」とした。

日中韓青少年運動会は、日本・中国・韓国三カ国の青少年のスポーツ交流の促進、相互理解の増進、スポーツ水準の向上、優秀な選手の発見・育成を行うために1993年に設立された、「友情、進歩、未来」をテーマとする国際的なスポーツ交流大会。同大会は毎年行われ、開催場所は日中韓の持ち回りとなっている。(提供/人民網日本語版・編集YK)