写真提供:マイナビニュース

写真拡大

アウディ ジャパンは23日、プレミアムコンパクトスポーツカーの「TT クーペ」に、エントリーグレード「TT クーペ 1.8 TFSI」を追加して発売した。同時に「TT クーペ 1.8 TFSI 1st エディション」など2台の限定モデルも発売する。

今回登場した「TT クーペ 1.8 TFSI」は、1.8リットル直列4気筒ターボエンジンを搭載。トランスミッションには7速Sトロニックを組み合わせ、軽快な走りとJC08モード燃費16.6 km/リットルという環境性能を両立した。

同モデルの発売を記念した限定車「TT クーペ 1.8 TFSI 1st エディション」は、通常設定のない「S line エクステリアパッケージ」(専用バンパー、ラジエターグリル、リヤディフューザー、ドアシルトリム、エクステリアロゴ)やLEDヘッドライト、10スポークデザイン18インチアルミホイール、先進安全機能アシスタンスパッケージを特別装備して発売される。

さらに、限定車「TTS クーペ アーバン スポーツ リミテッド」も発売される。最高出力286PSの2.0リットル直列4気筒ターボエンジンを搭載し、6速Sトロニックとquattroフルタイム四輪駆動システムの組み合わせによりパワフルな走りが可能だ。20インチアルミホイールをはじめとするエクステリア、インテリアパーツも多数装備する。

価格は「TT クーペ 1.8 TFSI」が469万円。「TT クーペ 1.8 TFSI 1st エディション」は500万円で180台の限定販売、「TTS クーペ アーバン スポーツ リミテッド」は827万円で110台の限定販売となっている(価格はすべて税込)。

(山津正明)