写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ボルボ・カー・ジャパンはこのほど、7シーターフラッグシップSUV「XC90」をベースとした4シーターモデル「XC90 T8 Twin Engine AWD エクセレンス」を発表した。後席に独立したシートを採用し、ショーファー用途も想定したモデルとなっている。

同モデルは、リアシートに乗り込み、運転手付きで移動するユーザーの利用も想定して開発されたボルボ初の4人乗り高級SUVとなる。リアシート2席はフロントシートと同様の機能を持つ独立したシートが装備され、シートヒーター、ベンチレーション機能、マッサージ機能などが装備される。

クーリングボックスと、2席それぞれで使える折りたたみテーブル、保温・保冷機能付のカップ・ボトルホルダーなども装備。インテリアにはひし形の専用デザインが施されたパーフォレーテッド・ファインナッパレザーのシートやレザートップ・ダッシュボードなど、最高級の品質で作られた。スウェーデンを代表するクリスタルブランド、オレフォスによるハンドメイドのクリスタルグラスとクリスタル製グラス・カップホルダーも搭載される。

パワーユニットにはプラグインハイブリッド仕様の「T8 ツイン エンジン」を搭載。2.0リットル4気筒スーパーチャージャー付直噴ターボエンジンと電気モーターを組み合わせ、最高出力320PS+87PS(欧州参考値)とJC08モード燃費15.3km/リットルを実現した。価格は1,299万円(税込)。

(山津正明)