23日に北京で発表された報告によると、現在、中国の中産階級の規模は日に日に拡大しているものの、同グループは未熟で、ほとんどが虚弱な状態。自分の境遇に強い焦りを感じている人が多いという。

写真拡大

23日に北京で発表された報告によると、現在、中国の中産階級の規模は日に日に拡大しているものの、同グループは未熟で、ほとんどが虚弱な状態。自分の境遇に強い焦りを感じている人が多いという。中国新聞網が報じた。

中央社会主義学院(中華文化学院)統一戦線ハイエンドシンクタンクは同日、「中産階級の今後の発展の動向と社会のガバナンス改革」と題した学術セミナーを開催し、北京理工大学の楊帥博士が、同シンクタンクの重要課題である「中産階級と社会のガバナンス改革」をめぐって報告を行った。

報告によると、現在、中国の中産階級の規模は拡大を続け、利益訴求は日に日に多元化し、社会における影響力も拡大している。そのため、社会の構造に変化が起き、社会のガバナンスにも新たな課題が生じている。

報告によると、中国の中産階級は少なくとも個人資本所有者や個人事業経営者、専門技術者、事務員、経営幹部などを含んでいる。また、中国の中産階級の規模は日に日に拡大しているものの、同グループは未熟で、ほとんどが虚弱な状態であり、自分の境遇に強い焦りを感じている人が多い。そして、その焦りも大きくなる傾向にあるという。

報告は、「政府がさらに多くの保障性ある対策を講じ、中産階級の生活上のストレスを和らげ、その発展の道を広げることが急務となっている。また、中国伝統の社会のガバナンス経験を生かし、その合理的な要求と多様化された表現を積極的に導き、政府のガバナンス体系やガバナンス能力の改革を推進しなければならない。そして、中産階級が発展を続けることで生じる社会構造の変化に対応し、社会を安定させるものとしての役割を最大限発揮できるようにしなければならない」と提案している。(提供/人民網日本語版・編集/KN)