日本五輪代表の「10番」を振り返る

写真拡大

リオ五輪が今週閉幕し、日本は全体として歴代最多のメダル数を記録した。男子サッカーは惜しくもグループステージ敗退となったが、歴代の10番を振り返ってみよう。

U-23チームとして五輪に挑んだのは全部で7回、1992年大会は予選落ちしたものの1996年大会からは6大会連続で本大会に出場している。

1996年アトランタ五輪 遠藤彰弘

遠藤彰弘

鹿児島実業高校卒業後、横浜マリノスに入団した。鹿児島実業時代から「遠藤三兄弟」の次男として知られた存在だった。ガンバ大阪の遠藤保仁の実兄としても有名だ。

キャプテンの前園真聖、中田英寿、川口能活、伊東輝悦ら精鋭揃いのチームの中で10番をつけたのは遠藤だった。

初戦を戦うのはロナウド、ジュニーニョ、ロベルト・カルロスらにオーバーエイジでアウダイール、ベベット、リヴァウドとA代表の主力をそろえた史上最強のブラジル代表だった。

何と“マイアミの奇跡”としてブラジル代表を下した日本代表。しかし、3試合を終えて3チームが2勝1敗で並び勝ち点6ながら得失点差で及ばず惜しくもグループリーグ敗退となった。グループリーグで2勝をあげながら突破できなかったというのは五輪サッカー史上初の出来事であった。

遠藤は2001年に日本代表候補に選ばれたが、A代表としての出場はなし。2005年まで横浜F・マリノスに所属し、その後はヴィッセル神戸へ移り2007年までプレーした。

現在は、指導者として子供達を中心に教えている。元妻は、現在美容研究家として活躍し、オリジナルのつけまつげなども出している神崎恵。

2000年シドニー五輪 中村俊輔

中村俊輔

1996年のアトランタ五輪がオーバーエイジを使わず2人しかA代表経験者がいなかったのに対して、2000年のシドニー五輪は大会前から“行ける空気”が漂っていた。

1999年のナイジェリアで行われたワールドユースで準優勝したメンバーをベースに3人のオーバーエイジを加えたチームは、A代表で主力となっていた選手も少なくなく史上最強との呼び声も高かった。

そんな空気を一変させたのが、初戦で戦った南アフリカ代表のFWベニ・マッカーシーであり、彼1人の個人技に日本代表はたじたじになった。それでも高原直泰の2ゴールで日本代表は勝利し続くスロヴァキア戦でも勝利。グループリーグ最終節でブラジル代表には前回大会のリベンジをされたものの勝ち点3の南アフリカがスロバキアに敗れたこともあり日本はグループリーグを突破しベスト8に進むこととなった。

惜しくも準々決勝では、アメリカ代表FWランドン・ドノヴァンらの前に敗れることになったが、中田英寿、稲本潤一ら2002年のワールドカップを戦うメンバーの中で10番をつけたのは中村だった。

しかし、その中村は2000年のアジアカップで日本代表メンバー入りを果たしたものの、2002年ワールドカップでは最後に落選。後に海外移籍しセルティックでは英雄的存在となった。2006、2010年のワールドカップには出場し、今でも横浜F・マリノスの生きる伝説として若手のお手本となるようなプレーをし続けている。

2004年アテネ五輪 松井大輔

松井大輔

五輪発祥の地ギリシャに五輪が帰ってくる。そんな記念すべき大会で10番をつけたのが松井大輔である。当時所属していた京都パープルサンガでも10番をつけ、既にA代表デビューを飾っていた。

大久保嘉人、阿部勇樹、駒野友一、田中マルクス闘莉王ら後に日本代表の主力を擁し、小野伸二と共に技術的な側面を期待された松井。独特のドリブルテクニックを武器に相手ディフェンスを翻弄するが、山本JAPANにおいては途中出場も多く不完全燃焼となる大会となった。

パラグアイ、イタリアに1点差で負け、ガーナ戦で勝利したもののグループリーグ敗退となった。山本昌邦監督の「人間力」というキャッチフレーズが、オリンピックは結果を求めるよりも後の日本代表を育成するといった着眼点とも捉えられ、独り歩きする格好で批判の的になってしまった。

大会後にル・マンへレンタル移籍、『ル・マンの太陽』とも呼ばれチームの中心として活躍し1部昇格、残留を経験した。2006年のドイツワールドカップでは怪我もあり落選したが、2010年のワールドカップでは右サイドのレギュラーとしてベスト16入りに貢献した。

後にフランスで数チーム、ロシア、ブルガリア、ポーランドと東欧を渡り歩き2014年にジュビロ磐田へ移籍、現在はJ1を舞台に戦っている。

妻は女優の加藤ローサであることも有名だ。

2008年北京五輪 梶山陽平

梶山陽平

「日本のバレロン」とも例えられた未完の大器。2005年のワールドユースでベスト16(モロッコに敗れる)に進んだ時の中盤のレギュラーで、2008年からはFC東京でも10番をつけた。FC東京のクラブユース出身の選手として初の背番号10である。

日本代表チームは、アメリカ、オランダ、ナイジェリアと3チームを前にいずれも1点差ゲームで敗れグループ3戦全敗で大会を去ることになった。これまで、オリンピックでは比較的何かしらの結果を残してきただけに、失望の大会となった。

また、反町康治監督の戦術に対して本田圭佑が「それはごもっともだけど俺の考えは違った」と発言し“問題児”として話題となった。

しかし、その本田だけでなく長友佑都、香川真司、岡崎慎司(当時は右サイドで主にプレー)、内田篤人、吉田麻也ら2010年ワールドカップ以降の日本代表主力が揃ったチームであり、これほどまでに後にA代表に定着したチームも多くないのもまた事実である。

なみに背番号にこだわりのある本田は8番、香川は14番、内田は7番など現在の印象とは少し違う背番号をつけており、梶山が10番、豊田陽平が9番をつけた。

梶山は大会後もFC東京でプレーを続け、一時パナシナイコス、大分トリニータでプレーしたものの現在は再びFC東京でプレーしている。

2012年ロンドン五輪 東慶悟

東慶悟

近年で最も成功したチームの10番が東慶悟である。チームでは攻撃的MFとしてプレーもこれまでの10番に比べると地味さは否めない。しかし、チームのためにおとりになったりオフザボールでの動きに定評があり、ロンドン五輪本番では彼の良さが存分に発揮された大会となった。

永井謙佑を1トップにしカウンターで彼のスピードに賭けるというシステムがはまり、初戦でスペインを下すとベスト4にまで進出し、なでしこJAPANの銀メダルと共に日本サッカーの存在を世界にアピールした。

VVVへ引き抜かれることになる大津祐樹、同じくベルギーへ移籍した永井が目立ったのも東がその後ろで地道な働きをしたからである。

大会後の2013年より、所属していた大宮アルディージャからFC東京へ移籍した。同年には日本代表にも選ばれているが清武弘嗣らがA代表の主力となったのに対して未だにAcapはない。

FC東京ではチームが攻撃的MFが豊富なこともあってボランチやフォワードなどでもプレーをしている。

2016年リオ五輪 中島翔哉

中島翔哉

世代的に結果を残していないと言われる中でアジアを制してリオ五輪の出場権を獲得したチームで10番をつけたのが中島翔哉である。なお、同AFC U-23選手権ではMVPに輝いている。

FC東京では出番は少ないことから、レンタルやJ3(U-23チーム)でのプレーも多い。そのために、一時は日本代表から外れることもあったが、呼ばれれば結果を残す男として最終的に10番に滑り込んだ。

日本人らしくないというべきか、パスや技術にはムラがあるが、思い切りの良いシュートで得点をあげ結果を出すという珍しいタイプのMFだ。コロンビアとの第2戦では同点ゴールを決め望みをつないだが、チームは残念ながら勝ち点4でグループステージ敗退となった。

東京ヴェルディのユース出身、実は筆者と地元が一緒。今回の五輪では中島を応援する横断幕が各所に見られていた。

総括

かつては横浜マリノス(横浜F・マリノス)が2大会連続で排出していた日本代表の10番。2008年大会より3大会連続でFC東京にゆかりのある選手が日本の10番をつけていることになる。となると、次回2020年の東京五輪で10番をつけるのは久保建英君ということになるのだろうか?