Doctors Me(ドクターズミー)- 知っておこう!他人ごとではない【男性更年期障害】

写真拡大

更年期障害と聞くとほとんどの方は、40代から50代くらいの閉経前後の女性の心身の不調を思い浮かべるでしょう。
女性特有というイメージのある更年期障害ですが、実は男性にも更年期障害はあります。今回はこの男性の更年期障害について医師に解説していただきました。

男性更年期障害の原因はテストステロンの低下!

女性の更年期障害は、女性ホルモンの低下によって起こることが知られています。では、男性の更年期障害はどうして起こるのでしょうか。実は、男性の更年期障害も、男性ホルモン、「テストステロン」の低下によって起こると考えられています。
テストステロンというと、男性の体を男性らしくする、つまり筋肉を増強させたり、骨格を強くたくましくする役割などが頭に思い浮かぶのではないでしょうか。
また、性的な欲求を高める、といったところも知られていますね。ただ、実はそれだけではありません。
テストステロンは気分を高めたり、やる気や充実感のもととなる「ドーパミン」を作り出す働きがあります。ほかにも血管を健康に保つ一酸化窒素の産生にも寄与します。男性の各部の健康に影響しているといえます。

テストステロンは年齢とともに低下する

男性のテストステロンの分泌は、20代にピークを迎えることが知られており、30歳代、40歳代、50歳代と徐々に低下していきます。個人差はもちろんありますが、基本的に、年齢を重ねて急に増加するということはないと考えてよいでしょう。

男性更年期障害の症状は?

男性の更年期障害の症状は、主にこれらのテストステロンの低下とリンクしている症状が主になります。
・気分の落ち込み
・やる気の低下
・幸せな気分になりにくくなる


また、
・性欲の減退
・性機能障害

なども併発することがあります。

男性更年期はうつ病と見分けがつきにくい?

これらの症状はうつ病とも非常に似通っているため、うつではないかと本人や周囲が心配になるケースもあります。特に、男性の更年期障害は
・女性と比べて年齢的な目安がない
・いつ始まって終わるのかはっきりしない
・世間的に認知されていないために本人も周囲も気づきにくい
・回復のめどが立ちにくい
などが大きな問題といえます。
加えて、こちらは女性の更年期も同様ですが、男性が更年期を迎える時期は自分や家族の健康問題や両親の介護の問題、子供の進学問題などいろいろな負担の多い年代層で、これらの精神的負担が症状を深刻にする可能性ももちろんあると思います。

医師からのアドバイス

ご自身やご家族が男性の更年期かな、と思われる方、うつ病と診断されているけれどもしかしたら違うのではと思う方は、一つの選択肢として一度、専門の医療機関でテストステロンの数値を測ってみることもできます。
同じ数値の方が同じ症状を呈するとは限らないところが少し複雑ですが、ご自身が同世代に比べてどのくらいのテストステロン値を示すのか、ちょっと興味のある所でもありますよね。今後元気に暮らすための参考にしてみてはいかがでしょうか。
(監修:Doctors Me 医師)