おしゃべりしながらラウンドするキム・ハヌルとイ・ボミ 賞金女王を争う2人は良き友人でもあるのだ(撮影:ALBA)

写真拡大

<ニトリレディス 3日目◇27日◇小樽カントリー倶楽部(6,494ヤード ・パー72)>
 「ほけんの窓口レディス」以来となる賞金ランキング1位と2位の競演。2人ともスコアを伸ばし、イ・ボミ(韓国)は首位に、キム・ハヌル(韓国)は3位にそれぞれ浮上した。
“スマイルクイーン”の魅力たくさん!キム・ハヌルフォトギャラリー
 
 ボミにしぶとく食らいついたハヌルは「しんどかったです…中々パターが入らなくて大変でした」と今日のラウンドを振り返る。それでも5バーディを奪い、2ボギーにまとめたのは賞金ランク2位の面目躍如というところだ。
 ラウンド中、ボミと母国語で仲良く話す姿が見受けられた。気になる内容を聞いてみると「このコース難しいよね。早く終わるといいね」というもの。ベスト3の2人がそんな会話をしているくらいだから、小樽カントリー倶楽部の難しさが良く分かる。
 「最終日はパット勝負になると思います。早く2勝目が欲しいです」とハヌル。明日は最終組の1つ前から頂点を狙っていく。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【キム・ハヌルコラム第26回】
イ・ボミが史上最速記録に王手!「前向きに頑張ろう」ダボからの華麗なる復活劇
今季未だ日本勢の4日間大会勝利無し…鈴木愛らは連敗を止められるか
キム・ハヌルが史上初シーズン3度のホールインワン達成!
伝統の最先端の融合!『Steelhead XR アイアン』