調子が良くない中でも粘り強く順位を上げた藤田さいき 地元優勝校に続き、頂点をつかめるか(撮影:ALBA)

写真拡大

<ニトリレディス 3日目◇27日◇小樽カントリー倶楽部(6,494ヤード ・パー72)>
 ムービングデーを迎えた「ニトリレディス」。最終組が伸ばしあぐねる中、藤田さいきがベテランらしいゴルフで5位タイに浮上した。
作新学院に続け!藤田さいきフォトギャラリー
 
 「調子がめちゃくちゃ良くない」なかでの上位進出の秘訣は「おとなしーく」やること。「コースがすっごく難しいので、ガツガツせずにセーフティにしずかーにやってますよ。耐えられたと思います。すごく頑張ってるな、私(笑)」。極力ボギーを打たないプレーで3日間ともオーバーパーを打たずにスルスルと順位を上げた。
 そんな藤田が「家が近いからにぎわって大変!」と嬉しい悲鳴を挙げるのが、「自宅から自転車で行けちゃう距離」にある作新学院高校が甲子園で優勝したこと。自身も試合を観ており、「(エースの)今井投手もすごかったけど、思いのほか打線もすごかった」と地元・栃木勢の快進撃を堪能した。
 栃木と言えばもう1つ。今年の「日本女子オープン」の舞台でもある。予選会が明後日にあり、藤田もエントリー。「なんせ地元でやるナショナルオープンですからね。出られなかったら大変。むしろ今大会よりもそっちのが気になってるかも(笑)」というほど気合いは十分。故郷をさらに盛り上げるためにも、明日から大事な大事な2日間となりそうだ。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【辻にぃ見聞】イ・ボミのバースデー優勝を決定づけた“縦の精度”
イ・ボミ、今年も同じ“勝負メシ”でパワー注入!ただ1つ心配事が…
“自由な女”藤田さいき、メジャーで新ドライバー投入し3位タイ発進
お化けも幽霊も嫌い!肝試しなんて意味が分からない!【キム・ハヌルコラム第26回】
藤田光里がサッカーボールを打つ!? CHROME TOUR TRUVIS実戦投入