26日、台湾出身の男性歌手ホアン・アンが、来日講演を行った李登輝元総統について「まだ死なないのか」などといった言葉で批判している。写真はホアン・アン。

写真拡大

2016年8月26日、台湾出身の男性歌手ホアン・アン(黄安)が、来日講演を行った李登輝(り・とうき)元総統について「まだ死なないのか」などといった言葉で批判している。NOWnewsが伝えた。

【その他の写真】

台湾で「共産党の犬」「台独(台湾独立支持派)ハンター」などと呼ばれるホアン・アンは、中国と台湾の統一を支持する愛国タレント。台湾出身ながら長年北京に住み、今年初めにあった韓流ガールズユニットTWICEの台湾人メンバー、ツウィ(TzuYu/周子瑜)の中国でのボイコット騒動にも関わるなど、徹底的に「台独」を批判する姿勢でも知られる。

先月31日、沖縄県石垣市で講演を行った李登輝氏は、「日台は運命共同体」と訴えた。これが親中派のホアン・アンの怒りに火をつけたようで、「まだ死なないのか」「李登輝は日本人。名前は岩里政男だ」「死んだら靖国神社に葬ってもらえ。台湾にとどまるな」と、SNSなどを通じて罵声を浴びせている。

なおホアン・アンは昨年12月にも、李登輝氏をはじめ、国際法学者の彭明敏(ほう・めいびん)氏ら4人の名前を挙げ、「台独の4人のゴッドファーザー」と語っていた。(翻訳・編集/Mathilda)