史上最悪!思わずドン引きした彼女の部屋列伝

写真拡大

異性の部屋を訪れる時って、意味もなく心拍数が上がりませんか?どんな部屋なんだろう、キレイに暮らしているのかな、いい匂いするかなぁ♡…なんてついつい期待しちゃいます。

­

今回は、女性の部屋のドアを開けた瞬間、そんな幸せな妄想を完膚なきまで打ち砕かれたことのある既婚男性100人に、一体どんなすごい部屋だったのかを聞いてみました。

それでは「男がドン引きする女性の部屋」列伝、始まります。
ドアを開けたらゴミ屋敷? 〜初級編〜
「仕事が忙しくって、1週間くらい掃除できてないかな〜」程度でも、男性によってはもうドン引き。でもこれぐらいは許して!

­

・「炊事場に食器がそのままになっていたら、ちょっとだらしないのかなと思う」

・「昔の彼女でしたが、一人暮らしの台所の流しの三角コーナーにごみがいっぱいで、ちょっと引きました」

・「髪の毛が大量にからまったくしがそのまま机の上に放置されたいたこと」

­

・「部屋が雑然としていて、おまけにテレビなどにホコリがたっぷりたまっていたのを見てドン引き」

­

きれい好きな男性は、男というより姑目線でお部屋をチェック。男性がうわぁ…という顔をしていたら、ズボラでごめんね、今片づけるね!と可愛く謝ればその場はしのげそうです。でも、もし結婚することになったらちょっと大変そう…。
ドアを開けたらゴミ屋敷! 〜上級編〜
ここまできたらドン引きしてもよし!女性目線でも支持を得られない“汚部屋”がこちらです。

­

・「別にそこまで汚部屋ではなかったのですが、部屋にあった観葉植物は枯れており、金魚が死んで水槽に浮かんでいたのには引きました。早々に処分しない感覚にぞっとしました」

­

・「引っ越しを手伝った彼女の部屋は、よくあるごみ屋敷!臭いし汚い。そして、大人のおもちゃとエロ本がエグ過ぎる〜!!!!」

­

・「食べかけのお弁当のゴミが、部屋のあちこちに散乱してちょっと異臭を放っていて吐き気がした。こんな部屋に住んでいるのも信じられないし、人を招き入れるという神経がわからない」

­

・「とある女性の部屋のコップに飲みかけのお茶が入っていて、その中にカビが浮いていた!!」

­

・「ベッドの上以外は足の踏み場もないくらい、服や物やゴミが散乱!こんな女と結婚したら、自分も子どもも一生汚部屋暮らしかと思うと、一気に気持ちが冷めた」

­

床はぐちゃぐちゃのゴミや洗濯物で足の踏み場もなく、テーブルの上は空き缶や食べ残しの弁当がそのまま。その状態で「散らかっててごめんね!」と言われても、何をどうフォローすればいいのか…。ドアを開けた瞬間、刺激臭もツーンと臭いそうですよね。
ドアを開けたら趣味丸見え
自宅は安らげる場所であるべきですよね。ただし、自分にとっては癒しの聖地でも、男性を呼ぶときには注意が必要かも。

­

・「おもいっきりアイドルのポスターが壁紙に貼ってあり、グッズが大量に飾られていた。そんなキャラじゃないと思っていたので驚愕」

・「部屋に入るとジャニーズのポスターやうちわが!そのジャニヲタぶりにドン引きした」

­

・「いい年なのに、ファンシーグッズやぬいぐるみで固められた部屋。一気に恋が冷めた」

­

・「エヴァンゲリオンの碇言動と冬月コウゾウが抱き合ってるフィギュアがテレビの上に飾ってあった」

­

・「1m級の人形が3つあったこと。どんな生活をこの部屋でしているのか恐ろしくなってしまった」

­

部屋いっぱいの「アイドル・アニメ・人形」グッズは男性からするとアウト。多すぎることが問題かもしれないので、少なくすれば引かれない…はず!他には乙女チックすぎる部屋やピンクが多用された部屋も、居心地が悪く感じるようです。

­

良くも悪くもその人の生き方が表れるのが自宅。でも、ゴミやカビだらけの汚すぎる家にだけは、誰だって入りたくないですよね。例え面倒でも、日頃から最低限の整理整頓はしておく必要がありそうです。

­

文/namikibashi

※暮らしニスタ編集部が既婚男性100人を対象に行ったアンケート調査より

­

写真© sezer66 - Fotolia.com