ニッポンが舞台。ジバンシィの新コレクションは日本愛があふれてる

写真拡大

ファッションデザイナーたちは、日本がお好きな様子。

秋冬コレクションを着たモデルが、新宿でデコトラを運転するムービーを公開したGUCCI(グッチ)

それに引き続き、今度はリカルド・ティッシが手がけるGIVENCHY(ジバンシィ)が、日本文化へオマージュをささげたコレクション「GIVENCHY ESSENTIALS」を発表しました。

そのキャンペーンムービーは、こちらから少し覗くことができます。

服に和柄が使用されていたり、厳島神社の大鳥居が映し出されたりと、随所に日本っぽさを感じることができます。

東京のストリートファッションから着想を得たスターモチーフや、武士の礼服「肩衣(かたぎぬ)」を模した服など、ユニークなアイディアが爆発している今回のコレクション。

もうリカルドの日本愛があふれまくってます。

キャンペーンの全貌は、8月27日(土)から公式サイトにて見ることが可能。

また、「GIVENCHY ESSENTIALS」は、ローンチにともなって、伊勢丹 新宿店とコラボレーションするとのこと。世界に先駆けて2016年9月7日(水)〜13日(火)の期間限定で販売される予定です。

自分が暮らしている日本が、リカルドによってどう解釈されているのか、いまから興味津々です。

[GIVENCHY]

文/浦田昆