トラフ建築設計事務所の″頭の中″を解剖 10月に個展開催

写真拡大

 トラフ建築設計事務所(以下、トラフ)が、「トラフ展 インサイド・アウト」を南青山のTOTO ギャラリー・間で開催する。これまで手掛けてきた作品から現在進行中のプロジェクトまでをそろえ、その思考の過程を追体験できる内容に仕上げる。会期は10月15日から12月11日まで。 トラフ、10月に個展開催の画像を拡大

 トラフは鈴野浩一と禿真哉による建築家ユニットで、2004年に設立。建築の設計をはじめ、インテリア、展覧会の会場構成、プロダクト、空間インスタレーションなど幅広い分野で活動している。主な作品に「テンプレート イン クラスカ」「港北の住宅」「ガリバーテーブル」などがあり、「光の織機(Canon Milano Salone 2011)」はエリータデザインアワード最優秀賞に選ばれ、2015年には「空気の器」がモントリオール美術館の永久コレクションに認定されるなど、海外でも高い評価を評価を得ている。 今回の個展ではタイトルに「インサイド・アウト(Inside Out=裏返し)」を掲げ、トラフの"頭の中"をさらけ出す場として企画。初期作品から数々の会場構成、プロダクツ、最新の住宅プロジェクト「Big T」までを集約し、スタディの過程や試行錯誤する中で手がかりとなったもの、インスピレーションを受けた素材などと合わせて紹介する。展示はTOTO ギャラリー・間だけではなく、同ビルにあるセラトレーディングのショールームやBookshop TOTOにも展開。また、展示に併せてトラフが監修したギャラリーオリジナルの「空気の器」が発売される。トラフの2人は、「クリエーションの現場に入り込むライブ感を体験してもらいたい」とコメント。東京・イイノホールと金沢工業大学では、トラフのプロジェクトに協力してきた4名をゲストに迎え、ギャラリートークを開催する。■トラフ展 インサイド・アウト(TORAFU ARCHITECTS Inside Out)会期:2016年10月15日(土)〜12月11日(日)開館時間:11:00〜18:00休館日:月曜・祝日 ただし、11月3日(木・祝)は開館入場料:無料会場:TOTO ギャラリー・間   東京都港区南青山 1-24-3 TOTO 乃木坂ビル 3F   TEL. 03-3402-1010交通案内:東京メトロ千代田線 乃木坂駅3番出口徒歩1分     都営地下鉄大江戸線 六本木駅7番出口徒歩6分     東京メトロ日比谷線 六本木駅4a番出口徒歩7分     東京メトロ銀座線・半蔵門線・都営地下鉄大江戸線 青山一丁目駅4番出口徒歩7分