正直やめて!夫がゲンナリしている「妻のファッション」ランキング

写真拡大

夫の前ではなるべく“若見え”を狙っていつでもオシャレで素敵な妻でいたいと願っている女性も少なくないのではないでしょうか。

末長〜い円満ラブをキープするためには、常に素敵な姿を見せて夫を胸キュンさせちゃうのも大事な要素ですものね。

とはいえ、妻が着ていると夫が正直ゲンナリしてしまっているファッションもあるのが真実といえそうなんです。「似合っていれば何でもイイよ!」という優しい夫ばかりではないのが世のリアルなのですね……。

そこで今回は、『WooRis』が500名の既婚男性に実施した独自調査結果を参考に、妻が着ていたら「正直、やめてくれ!」と夫が思っているゲンナリファッションのワースト3をご紹介します。

 

■ワースト3位:ショートパンツ

7つのファッションアイテムを挙げ「妻が着ていたら“正直やめてほしい”と思うファッションを選んでください」と複数回答で質問をしたところ、ワースト3位には18.6%の夫が選んだ「ショートパンツ」が選ばれてしまう結果に。

年齢を重ねて露出が多いファッションをしてしまうと、無条件に「痛い!」と思ってしまう男性もいそうですし、我が妻には露出のせいで他の男性からの視線を集めて欲しくない! がホンネな夫もいそう。

 

■ワースト2位:ミニスカート

続いて、同ランキングでワースト2位になっているのが31.8%が選んだ「ミニスカート」でした。

3位のショートパンツ同様、脚の多くの部分が露出してしまうアイテムなので、年齢と比較して痛さが感じられたり、街でムダに視線を集めたりしそうで「やめてくれ!」と思ってしまう夫が少なくない様子。

スカートだと風が吹いてめくれてしまうリスクもあるので、ショートパンツよりもさらに不人気なアイテムになっているのかもしれません。

 

■ワースト1位:リボン系のフリフリファッション

そして、同ランキングでワースト1位になっているのが2位と僅差の32.6%が選択した「リボン系のフリフリファッション」です。

それなりの年齢になっているのに、まるで少女のようにリボンだらけの洋服に身を包んでいると、ブリっ子系に見えて痛さが滲み出てしまいがち。

男性から見ても、「やめてくれよ〜」と思ってしまう典型スタイルになっているようですね。

普段はリボン系なんて着なくても、授業参観などで“若見え”を狙って着てしまいそうな妻は、気をつけてくださいね。

 

■次点:ダメージデニム

また、ワースト3からは外れたものの次点には15.8%の男性が選んだ「ダメージデニム」が選ばれました。

姉妹メディア『美レンジャー』の「実は男ウケ悪くない!“デートでもOK”意外な3位はダメージ系の…」では、予想外にも恋愛時代にはダメージデニムが男性に受け入れてもらえている傾向が発覚していますから、「結婚してまで、独身時代のようなパンキッシュな格好はやめてくれ!」と思っている夫もいるのかも。

“妻”とか“お嫁さん”に世間が求めているのって、清楚で清潔感のあるファッションであることも少なくないですものね。

 

いかがですか?

せっかくオシャレしたのに、夫から密かに「やめてくれ……」と思われていたらガッカリしちゃいますよね。あるいは、夫が「問題ない」と思っていても、夫の友人男性からギョッとされていてもショックです。

ラブラブ夫婦をキープしたい妻ほど、夫受けバツグンなアイテムを選んだほうが賢明かもしれません。

(ライター 並木まき)

 

【関連記事】

※ 年甲斐のないガーリー服よりも…!「女子会で最も嫌われる服装」1位は?

※ 一瞬でアウト!「品がない奥さん」認定されるお金のNGお作法4つ

※ 4位浮気を隠すため!愛情が冷めた夫が「妻を抱く理由」想定外の1位は

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ 今だけ20%オフ!簡単過ぎる「飲む美白ケア」がスゴイ

※ たったの15秒で・・・一味違う「幹細胞コスメ」がすごい!

※ お鍋で作れる!? 夏バテ気味な身体にうれしい簡単「パエリア」

 

【姉妹サイト】

※ 第2回BizLady×日本女子経営大学院のキャリアアップセミナー募集開始