藤原ヒロシと学生による「花」アート展が東京に、東信率いる「AMKK」も参加

写真拡大

 藤原ヒロシと京都精華大学の学生集団「S.U.C.C.」、フラワーアーティストの東信が率いる実験的クリエーション集団「AMKK(=東信、花樹研究所)」による「花」をテーマにした展覧会「FLOWER HUDDLE」が原宿のギャラリースペース「ザ・マス(The Mass)」で開催される。会期は8月27日から9月25日まで。 藤原ヒロシら「花」のアート展開催の画像を拡大

 同展は、昨年12月に大阪で開催した「FLOWER HUDDLE」をアップデートさせた第2弾。京都精華大学ポピュラーカルチャー学部客員教授を務める藤原ヒロシは「大阪での評判が良く、生徒達も次のステップとして東京で開催したいという意向があった」と経緯を話し、展示作品数を増やして東京での初開催を決定したという。1階では、藤原ヒロシのもとで「展覧会を運営する」を目標に活動するゼミの学生集団「S.U.C.C.」による「花」の作品と、アンディ・ウォーホル(Andy Warhol)や蜷川実花といった藤原が所有する著名アーティストの「花」にまつわる作品を一堂に展示。生花や絵画、写真など様々な「花」が集まる。2階では「AMKK」による生花のインスタレーション作品を展示するほか、別スペースにフラワーショップを併設。Tシャツやフラワーベース、押し花のスティッカーなどのオリジナルグッズも販売される。■FLOWER HUDDLE期間:2016年8月27日〜 9月25日会場:The Mass住所:東京都渋谷区神宮前5-11-1オープン時間:12:00〜19:00(月・火曜日 CLOSE)入場料:500円(学生無料)