ニゴリ印象を与えてるかも!二日酔いの顔をモテ顔に変える魔法のワザ3つ

写真拡大

夏は、フェスやイベント、海など楽しいことが目白押し。最中は自然とお酒も進みますよね。そんな楽しいイベントを唯一後悔するのは、次の日二日酔いが辛くてたまらない時。特に女性は、二日酔いのせいで肌の調子も悪くなるし、顔色やお化粧ノリが悪く、見た目がニゴリ印象に。

そんなニゴリ印象を徹底オフさせるためのワザを、ピックアップしてみようと思います。

■水分をたっぷり摂る

お酒を大量に飲んだ翌朝は、体がカラカラに乾いています。二日酔いで起きていると思われている頭痛も、実は脱水症状からきていることがほとんど。そこで、まず何はともあれお水で水分補給をする事がマスト。

もし、冷蔵庫に有ればココナッツウォーターなども体を潤すのには最適です。体に充分な水分がゆき渡ると、自然と頭痛や胃痛も改善されます。たくさんトイレに行くので、アルコール分が抜け、普段の顔色や肌質に戻っていきますよ。

■運動して汗を流す

二日酔いだと体が辛いので、ずっとベッドで寝ていたいと思うことでしょう。でも、気力を出して少しでも体を動かしてみましょう。歩くでも、できることなら少し走ってみるでも、なんでもいいのです。

運動して汗を流すと、アルコール分が抜けて、さっぱりします。そのあとにシャワーでも浴びれば、カラダ的も体力的にもシャキッとできて、普段通りの生活に戻れますよ。

■グレープフルーツなどのフルーツを食べる

机に置いたグレープフルーツ

こちらも、アルコール分を体から出すためです。グレープフルーツの成分は、肝機能を促進し、アルコールを体外に排出する働きがあります。

アルコールを大量に飲んだ後の体は、アルコールを分解するため、水分と共に電解物質も失われ血糖値レベルも格段に下がります。そこで、適度で良質な糖分を補ってくれるフルーツを取ることで、栄養を取り戻して、体を早く回復させる事が可能なのです。

他にも、バナナやキウイの様な明るい色のフルーツにはカリウムが豊富に含まれています。カリウム不足だと、二日酔いの典型的な症状である、疲労感、吐き気などを悪化させるので、これらのものを食べるのも、二日酔いを早く解消することにつながります。

そして、これらのフルーツをジュースにすると水分補給も出来るので、更に二日酔い撃退効果が上がります。

二日酔いを引きずると、いろんなものが失われてしまいます。二日酔いの最中に素敵な出会いがあっても、ニゴリ女子のままだと、そのチャンスを生かしきれません。ソッコー徹底オフして、次の日もかわいいままでいたいものです。