【中国発】「タマゴ型ドローン」が発売開始! 持ち運びに便利&プロ機並みのスペックで話題

写真拡大

本格的な仕様のドローンといえばゴツゴツしたデザインのものばかりで、持ち運ぶのには専用のケースやバッグが必要であった。しかし、これからは持ち運びに便利な「タマゴ型ドローン」の時代がくる……かもしれない。

これまでプロ用のドローンを開発してきた中国「PowerVision Robot社」が先日、初めて一般向けの新型ドローン『PowerEgg(パワーエッグ)』の予約を開始し話題となっている。このパワーエッグは名前の通り、なんとタマゴのかたちをしたドローンなのだ。

・持ち運びに便利なタマゴ型のデザイン

前述の通り、この新型ドローン「パワーエッグ」の特徴は何と言ってもそのデザインである。これまでのゴツゴツしたドローンのイメージを覆すそのタマゴ型の形状は、飛行する時のみ翼を広げる設計となっており、持ち運びに大変便利な仕様だ。

・プロ機顔負けの内容

見かけによらずスペックは本格的で、最大23分も飛行が可能なうえ、4K対応の高解像度カメラやGPSセンサーを搭載。さらには、5キロ先から動画をリアルタイムで送信出来るなど、一般向けの商品と言いながらもプロ機顔負けの内容となっている。

・お値段は約12万8800円

気になるお値段だが、約12万8800円(1288ドル)と一般向けのドローンにしては高価なのが惜しいところだ。この価格なら、機能を省略して価格を下げた方が良いような気がしないでもない。

このPowerEggは現在、公式のオンラインストアで予約受付中となっており、今年の10月半ばに出荷される予定だという。さらに今予約をすれば、特典として持ち運び専用のリュックも付属するそうだ。

価格に関係なく、本格的な仕様でありながら他人とは違うドローンが欲しい方は、ぜひオンラインストアをチェックしてみてはいかがだろうか。

参照元:YouTube、PowerVision Online Store(英語)
執筆:K.ナガハシ

この記事の動画を見る