アイスコーヒーだけじゃない!残暑こそ飲むべき「暑さ対策ドリンク」4選

写真拡大

うだるような暑さを吹き飛ばすのに、冷たい飲み物は欠かせませんよね。水分補給、熱中症対策に、オフィスや家で、どんな飲み物を口にしていますか?

せっかく摂るなら、カラダに優しく、美容にも効果があれば、うれしいですよね。

そこで今回は、残暑におススメしたい“暑さ対策ドリンク”についてお伝えします。

■やっぱり美味しい“アイスコーヒー”の飲みすぎは注意!

ちょっぴり苦めのアイスコーヒーは、暑さでぼんやりしがちな頭を、しゃきっと整えてくれる気がしませんか?

ご存知の通り、含まれている“カフェイン”には、眠気を吹き飛ばしてくれる効果があります。けれども利尿効果が高いので、水分代わりに摂るのには注意が必要です。

のどが渇いたからといってアイスコーヒーを飲んでも、脱水症状を引き起こしてしまう可能性もあるので、注意しましょう。

■水で出すだけ“スーパー緑茶”

緑茶というと、温かいイメージが強いかもしれませんが、夏は水出しの緑茶がおススメです!

急須にお湯ではなく氷水を入れ、5分間おくだけでできる“スーパー緑茶”。

『NHKためしてガッテン!』webサイトによると、

<うまみが5割多いだけでなく、新成分「エピガロカテキン」で免疫力が復活!しかもカフェインがほとんどないので、お子さんや、寝る前でもごくごく飲めます!>

飲むことで免疫力が高まれば、体にイイことはもちろん、カフェインが少ないので、利尿作用の心配もありません。ペットボトルのお茶でなく、急須で作るスーパー緑茶。夏の飲み物におススメの逸品です。

■熱中症対策には、夏の“甘酒”

緑茶同様、甘酒というと、寒い冬の飲み物のイメージがありますが、夏こそ甘酒を飲むべきです! 俳句では夏の季語の“甘酒”は、甘酒 森永製菓株式会社のwebサイトによると、

<江戸時代には、厳しい暑さを乗り切る“夏バテ対策”の飲み物として親しまれ、甘酒売りが夏の風物詩にもなりました。
甘酒1本には、水分・塩分・糖分がバランスよく含まれており、夏場の栄養補給にぴったりです!>

ひんやり冷やした甘酒で、熱中症対策や夏バテ防止対策、してみませんか?

■ダイエット効果も? ビタミンCたっぷり“レモネード”

紫外線によるお肌トラブルに効果的なのが、ビタミンC。

そんなビタミンをたっぷりふくんだ“レモネード”は、美容ドリンクとしても注目されていますが、ダイエット効果も期待できるんです。

姉妹サイト『美レンジャー』「飲むだけで毒素ドバドバ!ビヨンセも実践“レモネードダイエット”」によると、固形物をとらず、レモネードを飲む“Master Cleanse(マスター・クレンズ)”というデトックス方法があるんです。

ダイエット法として取り入れなくても、レモネードを飲むことで、体内に溜まった毒素を排出し、体の中からキレイになれそうですよ!

■冷え過ぎ防止に“アイスココア”

冷たい飲み物を飲みすぎたり、クーラーが効きすぎていると、冷えて、お腹がゴロゴロしてしまうことはありませんか?

そんな時におススメしたいのは“アイスココア”。森永製菓COCOA REPORTによると、

<アイスドリンクを飲むと体表面温度は低下しますが、ココアの場合はその程度が小さく、あまり冷えを感じずに冷たい飲料を摂取することが出来ることが分かりました。>

体を適度に冷やしてくれる飲み物として、アイスココアが最適かもしれませんね。

以上、暑さ対策ドリンク4選でしたが、いかがでしたか?

乾いたのどをうるおしてくれるだけでなく、免疫力回復や夏バテ防止、美容効果も期待できるドリンク。せっかくなら好みや体調に合わせて、美味しく取り入れたいですよね。効果的に飲むことで、残暑を元気に快適に、乗り切りましょう。